アフィリエイトで稼げないとき、これだけはやってはいけません!

      2017/08/15

アフィリエイトを実践していれば、誰でも必ず稼げない時期を経験します。そして、この時期にほとんどの人が脱落していきます。実は、この稼げない時期はかなり重要です。

 

アフィリエイトに限らずどんなビジネスでもそうですが、この稼げない時期を抜け出せた人だけが稼げるようになっていきます。そして、永遠に続くんじゃないかと思ってしまうほど長く感じる「稼げない時期」は、実は、誰でも抜け出すことができます。

 

その方法は、ただ継続するだけです。「稼げない」という状況の中、モチベーションを保ちながら、将来の成功のために行動し続けることです。そうすれば、いずれ思い通りの成果があなたのもとにやってきます。しかし、誰でも抜け出せるとは言いましたが、この時期にやってはいけないことがあります。

 

そのやってはいけないこととは、脱落する多くの人がやってしまいがちなことであり、稼げない時期から抜け出すことを大きく妨げることです。もし、今、稼げない時期を経験しているなら、これからお伝えすることが何かの役に立つはずです。

 

そのやってはいけないことを知って、その行動を避けることで、あなたの成功スピードはぐんっと加速していくはずです。

 

稼げない時期に、やってはいけないこと

 

自分が稼ぐことを優先しすぎて、ロークオリティな記事になってしまう

稼げない時期というのは、どうしても焦りを感じてしまいます。その焦りが原因で、色んなことが上手くいかなくなっていきます。その中でも、この焦りが大きな影響を与えるのが、記事の内容ではないでしょうか。

 

  • どんな記事を書けば、商品が売れるのか?
  • どんな記事を書けば、手っ取り早くアクセスを集められるか?
  • どうすれば、ステップメールへ上手く誘導できるか?
  • できれば、一人の読者も無駄にしたくはない!

 

このようについつい、「少しでも早く稼ぐこと」に意識が偏ってしまって、自分が稼ぐための方法ばかりを考えるようになってしまいます。そして、その考えの結果できあがる記事はというと、読者のことを全く無視した利己的な記事ばかりです。

 

ここでいうロークオリティな記事とは、自分が稼ぐことを優先した利己的な記事のことを言います。

 

後から読み返すと、目も当てられないような内容の記事ばかりが出来上がってしまいます。しかし、当たり前のことですが、このロークオリティな記事はNGですから、どれだけ稼げていなかったとしても記事の内容を蔑ろにすることはやめましょう。

 

では、なぜ記事の内容がそれほど重要なのか?私が考える理由は、次の3つです。

 

(理由1)今、Googleではコンテンツが重要視されているから

今、Googleの検索順位には、記事のコンテンツがかなり重要視されるようになってきました。そのコンテンツの基準とは、読者ニーズを満たすことです。ですから、読者を無視した利己的な記事を更新することは、SEO的にもかなり致命的です。

 

ロークオリティな記事をいくら更新しても、Googleに高い評価を受けることはありませんから、記事を書いた時間がただ無駄になるという結果にもなりかねません。

 

(理由2)読者離れが起こる可能性が非常に高いから

あなたのブログに毎日アクセスがある場合、さらには、リピーターがいる場合には、ロークオリティな記事の更新が原因で、読者離れが起きる可能性があります。

 

これは、結果的にアクセスの大幅な減少となるだけでなく、将来の顧客を手放すことと同じことです。そして、一度離れた読者は、ほとんどの場合、二度と戻ってきてはくれません。

 

(理由3)いくら更新してもアクセスアップには繋がらないから

もし、記事が検索上位に表示されたとしても、その記事から読者ファンになってくれる人はおそらく一人もいないでしょう。記事を読んで数秒読んだだけであなたのブログから離脱していきます。

 

これは、先ほども言いましたが、一度離れてしまった読者は、ほとんどの場合二度と戻ってきてはくれません。つまり、アクセスが来れば来るほど、読者を失い続ける結果になってしまいます。

 

これは、ただ記事を書く時間が無駄になるだけでなく、将来的な収益面を考えても大きなマイナスになってしまいます。

 

こんなときは、、、

  • 参考になる記事を読んで、記事の勉強をする。
  • 自分の過去記事を読み返してみる。
  • あなたのブログ読者にとって、有益な情報は何かを考え直してみる。
  • 記事が書けない現状を、記事にしてみる。

 

 

記事の文字装飾を派手にして、目立つ記事にしようとしない

こんなことする人、本当にいるの?と思ってしまうようなことですが、こういうことをしてしまう人は、いるんです。その中の一人が、私です。

 

今思い返せば笑い話になってしまいますが、今でも信じられないようなことをやっていました。それは、とにかく読者の目に付くように、文字装飾を派手にしてしまったんです。

 

その結果はというと、言うまでもありません。アクセスはガクンっと下がりました。それまでリピーターとして来てくれていた読者さんのほとんどを失って全体としてはアクセスは3分の1にまでなりました。

(↑当時の記事は、こんな感じでした。)

 

こんなときは、、、

  • 記事は、「シンプル」を心がける。
  • 過度の文字装飾は逆効果を生み出す。適度な文字装飾。
  • 読まれる文字装飾を徹底する。

【読まれる文字装飾】

・文字背景は、白。

・文字色は、黒。

・強調は、黒太文字または赤太文字

※赤太文字は、カラーコード#b24c65がおススメです。

 

 

 

売り込み

これが、一番多くの人に共通することではないでしょうか。早く稼ごうと思うあまりに、強引な売り込みをしてしまうんですね。

 

  • 記事内にアフィリリンクを貼りまくる。
  • 強引にメールセミナーに誘導しようとする。
  • やたらと、商品の良さをアピールする
  • 売り込み記事を量産する。

 

言うまでもないことですが、「売り込み」は、ビジネスではNG中のNGです。もし、あなたが読者の立場だった場合に、上に挙げたような記事にたどり着いたとしたらどうするでしょうか?当然ですが、商品なんて購入しないと思いますし、それどころか、記事を読むことさえしないはずです。

 

稼げないときこそ、売り込まないことが重要だと言えるのではないでしょうか?飛ぶように商品が売れている時は、誰だって売り込みをしようとは思わないはずです。それが逆効果だということだと解るからですね。でも、稼げない時になると、その感覚がマヒしてしまい気付かないうちに売り込みをしてしまっているものです。

 

これは、ビジネスの基本を試されている時期なのだと、私は考えています。自分が稼げないときに、いかに売り込まずに相手の利益を最優先に考えられるかどうか。これを試されているのです。この試練とも言える「稼げない時期」を乗り越えることによって、「売る力」(=売り込まない力)は身についていきます。

 

こんなときは、、、

  • ビジネスの基本である「売る力」を習得するための試練です。売り込まないを徹底する。
  • 読者にとって有益な情報を提供することを最優先にする。
  • 「稼ぐ」は後、「情報を与える」が先。をいつも心に留めておく。
  • 売り込まずに、稼げる時期が来るまで待つ。
  • ただ、何もせずに待つのではなく、行動して待つ。
  • 今しか経験できない「稼げない時期」を、思う存分に楽しむ。

 

 

まとめ

今回紹介したことは、実は、すべて私がしてきた経験です。そして、私が一番やらなければよかったと後悔していることでもあります。ですから、もしあなたが昔の私と同じようなことをしてしまっているのであれば、今すぐに行動を変えてください。

 

そうすることで、成功するまでの時間を大幅に短縮することができるはずです。しかし、稼げない時期は、今回紹介したことを避けて通れば抜け出せるわけではありません。もちろん、経験しなければ抜け出せないこともあります。

 

「稼げない時期」には、想像以上に様々なことが試されます。

  • 焦らないこと
  • 不安に目を向けないこと
  • 見栄を張らないこと
  • 欲に流されないこと
  • 忍耐力
  • 継続力
  • 利他
  • お金と時間の使い方

 

感情面から具体的な行動まで、その試されることすべてが、将来稼ぐために必要なことです。その一つ一つを乗り越えていくことで、次第に稼げない時期からは抜け出すことができます。そして、稼げない時期を抜け出すことで、稼ぐ力を身に付けることができます。

 

「もう、これ以上は無理だ!」と思うような経験をたくさんするでしょう。あなたの目の前にやってくる問題や困難は、乗り越えても乗り越えても何度でも繰り返しやってくるはずです。

 

しかし、必ずゴールはあってそこから抜け出すことができます。これは、私自身経験したことだからこそ、自信を持ってお伝えできることです。ですから、「稼げない時期」を思う存分に楽しんでみてください!

 

 

 

 

 

 

 - アフィリエイト