口コミマーケティングとは?本来の役割を理解して、ネットワークビジネスで成功する方法

      2017/08/10

なぜ、ネットワーカーは、稼げないのか?この原因について、私は、多くの人が持っている口コミマーケティングに対する勘違いが原因だと考えています。では、ネットワーカーは、口コミマーケティングに対して、どのような勘違いをしているのでしょうか。この記事では、口コミマーケティングの意味と本来の役割についてお伝えしていきたいと思います。

この記事でこれからお伝えする内容を読んでいただき、正しい方法で口コミマーケティングを実践することができるようになれば、たとえ、今、思うように成果が上がっていなかったとしても、ネットワークビジネス成功することは可能になるでしょう。

 

口コミマーケティングとは?

そもそも、口コミマーケティングとは、一体どういう意味なのでしょう?

【口コミマーケティングとは?】

口コミマーケティングは、商品やサービスに関する「口コミ」を意図的に広め、低コストで効率的に商品の告知や顧客の獲得を行なうマーケティング手法。バイラルマーケティングやバズマーケティングなどとも呼ばれますね。

(参照元:marketing research camp

 

ちなみに、バズマーケティングとは、本来は口頭でのコミュニケーションによって、商品を宣伝・拡散させることを意味しています。しかし、現在では、SNSの普及により、口頭でのやり取りではなく、FacebookやTwitter上でバズマーケティングが行われているのが現状です。

そして、もう一つ、バイラルマーケティングとは、商品やサービスをユーザーが友人や知人に紹介するように仕向けるインターネットを使ったプロモーションです。バイラルマーケティングでは、商品やサービスを紹介するときに、消費者に宣伝であることを隠して行った場合、詐欺だと批判されたり、違法になったりする場合もあるようです。

ちなみに、消費者に宣伝であることを隠して行う宣伝活動を、ステルスマーケティング(ステマ)と言います。

 

口コミの本来の役割とは?

口コミの本来の役割とは、何でしょう?口コミマーケティングで成立するネットワークビジネスでは、その多くの実践者が口コミを使って宣伝活動を行っています。しかし、その宣伝活動の結果、ネットワークビジネスは、詐欺、悪徳マルチ商法、ねずみ講などと世間から悪いイメージを持たれるようになってしまいました。

ここで少し考えてみてください。今、口コミが大きな影響力を持っているのが、楽天やAmazonなどのネットショップですが、楽天やAmazonでの口コミは、詐欺呼ばわりされたり、批判されたりすることはありません。では、なぜ、ネットワーカーの口コミは詐欺呼ばわりされてしまうのでしょう?

私は、この部分にネットワーカーが稼げない原因があるのではないかと考えています。

 

大きな影響力を持つ口コミと大きな批判を受ける口コミ

口コミは、本来、楽天やAmazonで行われているように、商品やサービスを実際に使ってみた感想や評価を他の人に伝えるものです。消費者の立場から見れば、自分が欲しいと思っている商品やサービスを購入するかどうかの参考や決め手になるものです。

口コミの本来の役割は、売り込むことではありません。しかし、多くのネットワーカーは、自己利益目的で商品を売ったり、ネットワークビジネスに勧誘するために口コミを利用しています。つまり、口コミが、消費者が商品やサービスを買うための参考や決め手になるのではなく、強引な宣伝活動や勧誘活動となってしまっているということです。

このように、楽天やAmazonでの口コミは、商品やサービスの感想や評価を伝えるために行われているのに対し、ネットワーカーの口コミは、商品を売るために行われています。これが、大きな影響力を持つ口コミと大きな批判を受ける口コミの違いです。

 

ネットワークビジネスに勧誘された、私の実体験

ネットワークビジネスを実践している人から話を聞くと、「人のためにやっている」「人に本当に良いモノを伝えたくてやっている」という言葉をよく耳にします。しかし、私自身、その言葉の意味とは真逆の体験をしました。

学生時代にネットワークビジネスの勧誘を受けた時のことです。私は、友人伝いで、あるネットワークビジネスの話を聞く事になりました。ネットワークビジネス自体には興味があったため、勧誘者とは2回ほど会って話を聞きました。その人の話によれば、自分がネットワークビジネスで自由になって、家族と過ごす時間が増えて、本当に感謝しているから、他の人にもネットワークビジネスで自由になってほしいと思ってやっている、ということでした。

その話の後、「また後日、返事を聞かせて」と言われ、その人と別れました。私は、後日断りの連絡を入れました。(もちろん、断ることにしたちゃんとした理由はありましたが、ここでは割愛させていただきます。)すると、急に口調が一変し、「お前」呼ばわり、命令口調、脅し口調へと変わっていきました。そして、終いには、脅し口調で強引に会う約束までさせられました。後日、私を誘ってきた友人に話を付けてもらい、その勧誘者とは会うことはありませんでした。しかし、あの時の恐怖感は、数年経った今でも忘れられません。

この経験をして、私自身、ネットワークビジネスが世間から悪いイメージを持たれる理由を身をもって体感しました。

先ほどもお伝えした通り、口コミは、強引に宣伝したり、勧誘したりするものではなく、消費者が商品やサービスを購入するかどうかの参考にしたり、決め手にするためのものです。売れなかったからと言って、そこに不満を抱いたり怒りを露わにしたりすることは、おかしいように思います。

そして、このようなことが繰り返されれば、ネットワークビジネスが世間から悪いイメージを持たれることは、仕方のないことだと思いますし、このようなことをしているネットワーカーが稼げないのは当然のことではないでしょうか。

 

口コミマーケティングで成功するために修得すべき2つの力

ここでは、口コミマーケティングで成功するために修得すべき2つの力についてお伝えします。これから、お伝えする2つの力は、一見、修得することが難しいように感じるかもしれませんが、どちらも本来誰でもが持っている力です。ですから、これからお伝えする内容を読んでいただき、その2つの力を修得するために行動を起こしていきましょう。これからお伝えする2つの力を修得することさえできれば、ネットワークビジネスでの成功は、あなたの思いのままです。

 

1.影響力を高める

私は、口コミで重要なのは、何を伝えたかではなく、誰が伝えたかということだと考えています。そして、このことに影響を与えることは、その人の影響力だと思います。

例えば、会社の2人の先輩からそれぞれ同じアドバイスを受けたとします。同じアドバイスなのに、一人の先輩から言われたときには、「確かに、そうですね。」と素直にアドバイスを聞けたのに対し、もう一方の先輩から言われたときは、「余計なお世話だ!」などと否定的な思いをするような経験をしたことはありませんか?

これは、ブログの記事でも同じです。現在、ネット上では、一つのキーワードの検索結果に表示されるほとんどの記事に同じような内容が書かれています。「検索順位なんて付ける必要あるの?」と思えてしまうほどです。

しかし、その同じような内容が発信されている中でも、ある記事は読み込んでしまうけど、もう一つの記事はすぐに読むのをやめてしまった、という経験をよくします。これは、サイトのデザイン、見栄え、文章などから伝わってくる、その人の影響力なのだと思います。

この影響力は、実践期間、経験、学んできたこと、感性などから伝わってくるものだと思いますが、影響力を高めることができれば、口コミマーケティングでも、一生懸命売ろうとしなくても、自然と商品は売れていくでしょうし、多くの人があなたに魅了されて付いていきたいと思うようになるでしょう。

このことに関しては、こちらの記事が参考になると思います。

ネットワークビジネス成功の秘訣は、影響力を身に付けることです。

 

2.セールス力を身に付ける

私の考えるセールス力とは、人の心を動かす力です。このセールス力を身に付けることができれば、次のようなことが自分の思い通りにできるようになります。

  • 人に商品を売り込む
  • 人を自分の思い通りに誘導する/行動させる
  • 会話や文章など、言葉で人を感動させる/魅了する
  • 人を喜ばす、幸せにする

上に挙げたことはほんの一例ですが、セールス力を身に付けることができれば、このようなことが可能になります。そして、上記した中で、ネットワークビジネス成功のために一番重要なことは、商品を売り込む力です。

この記事では、売り込みについて否定的な意見を書きましたが、ここでいう商品を売り込む力は、強引な宣伝活動や勧誘活動をすることとは違います。では、商品を売り込む力とは、どんな力なのか?それは、相手の方から「その商品買いたい!」と言わせる力です。ネットワークビジネスで言えば、「ぜひ、ネットワークビジネスをやってみたい!」と相手に言わせる力です。

”言わせる”と書きましたが、当然ながら、強引に言わせるわけではありません。この”言わせる”の意味は、商品、または、ネットワークビジネスの魅力を相手に伝えること(口コミすること)で、相手からアプローチを掛けてくるようになるということです。

ビジネスで成功するためには、商品を売り込む力は絶対に必要です。特に、「自由」という目に見えない価値を提供するネットワークビジネスだからこそ、この商品を売り込む力は、成功するためには重要な役割を果たします。

 

●「自由」を提供するためには、セールス力が絶対に必要です。

例えば、あなたには会社に勤めている友人がいるとします。その友人は、早朝から夜遅くまで働き詰めの毎日に嫌気がさしていて、自由になれる方法を探していたとします。その友人の話を聞いたあなたは、その友人を自由にしてあげたくて、ネットワークビジネスに勧誘したいと思ったとします。

あなたは、ネットワークビジネスで本当に自由を手に入れることができたという実感があるため、これまでの自分の経験を踏まえて、「ネットワークビジネスをやれば、自由な人生を手に入れられるよ。」と友人に話したとします。しかし、友人は、あなたの言葉を信用しないでしょう。それどころか、怪しいと感じてあなたから離れていってしまうでしょう。

なぜなら、「自由」は目には見えないため、あなたの友人にとっては、ネットワークビジネスが本当に自由になれるビジネスなのかどうかを判断することができないからです。そのため、言葉だけでいくら伝えてもその真実が友人に届くことはないでしょう。

 

●自由を手に入れる最初の一歩を踏み込ませるために、セールス力が必要です。

しかし、自由を手に入れるためには、自由になれるビジネスを実践して、自ら築き上げていくしかありません。その自由になれる代表的なビジネスが、ネットワークビジネスです。つまり、友人が自由を手に入れるためには、勇気を出してネットワークビジネスの世界に飛び込み、一からネットワークビジネスで成果を上げていくしかありません。しかし、このことも、言葉で伝えるだけでは友人には信じてもらえないでしょう。

だからこそ、セールス力が必要なのです。つまり、ネットワークビジネスを売り込む力です。

セールス力を修得することができれば、その友人に自ら「ネットワークビジネスをやってみたい!」と言わせることができるようになります。このように、相手を無理なくネットワークビジネスへ誘導してあげることができれば、より多くの人に「自由」を提供することができますし、あなた自身も大きな自由を手に入れることが出来るようになるでしょう。

しかし、こんなことを言うと、「自分にはセールス力なんてないし、身に付けることなんてできない。」と思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、実は、このセールス力は、簡単に実践できる方法がありますし、その実践を繰り返すことで誰でも修得することができるのです。

 

セールス力を身に付ける方法

セールス力を身に付けるためにすべきことは、「人が望んでいることを、まず自分がしてあげること」です。そして、この実践をひたすら繰り返していくことです。

初めは、人が何を望んでいるのか?望んでいることに対して何をすればいいのか?など、解らないことばかりのはずです。しかし、失敗したとしても、間違ったことをしてしまったとしても、ただひたすらその実践を繰り返していきます。そうすることで、自然と人が望んでいることが手に取るように解るようになっていくでしょう。そして、それに対して自分がどうすればいいのかということも、解るようになっていくでしょう。

この人の望んでいることが手に取るように解る感覚が身に付くまで、何度でもトライ&エラーを繰り返していきましょう。そうすることで、人が望むことを与える力を身に付けることができます。つまり、あなたの友人に「自由」を提供したいのであれば、それを提供することも可能になるということです。これが、セールス力です。

そして、人の望みを叶えることができれば、相手はあなたのことを信頼して、あなたの口コミは絶大な影響力を持つようにもなります。

 

まとめ

今、ネットワークビジネスは、世間からの評判が悪く、稼げないビジネスと言われるようになってしまいました。しかし、多くのネットワーカーが、本来の口コミの役割を理解して口コミマーケティングを実践していけば、今の悪い評判は徐々に良くなっていく可能性は十分にあると思っています。

私自身、ネットワークビジネスのビジネスモデルは、本当に素晴らしいものだと思っていますし、ネットワークビジネス自体、多くの人が潜在的に求めているビジネスであるとも思っています。ですから、これからネットワークビジネスがさらに拡大するために必要なことは、ネットワーカーの意識が変わることです。

その意識とは、人に本当に良いものを伝えるという意識です。決して自己利益目的で実践するのではなく、相手の利益を考えて口コミマーケティングを実践していくことで、ネットワークビジネスはもっと多くの人に広まっていくと思いますし、その恩恵を受け、多くのネットワーカーが大きな成功を収めることになるでしょう。

 

 

 

 

 

 - ネットワークビジネス ,