不労所得の意味とは?

      2017/08/10

不労所得と聞くと、多くの人は全く働かずに収入が入ってくることをイメージするのではないでしょうか。しかし、実は、まったく働かずに収入が入ってくるということは絶対にありません。この記事では、不労所得意味について掘り下げて考えてみたいと思います。

 

不労所得の意味

不労所得とは、wikipediaの情報を引用するとこのような意味になります。

不労所得(ふろうしょとく、unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

(引用元:wikipedia)

 

不労所得を英語で言うと?

不労所得に当てはまる英語は、複数の意見があるみたいですね。オンライン百貨事典Weblioで調べてみると、次の2つの単語が不労所得を表すそうです。

  • unearned income
  • investment income

unearned incomeは、利子、地代、株式配当金、手数料などの不労所得を表すようです。しかし、他のサイトやブログで紹介されているものの中には、次のような英語に訳しているものもありました。

  • Passive income

Passiveには「動かなくていい」というニュアンスがあるようで、動かなくてもいい収入、つまり、不労所得を表すようです。しかし、日本語の意味としては「受動的所得」*と表示されているため、一般的な不労所得を表す場合は、unearned income(investment income)が近いのかもしれません。

※受動的所得とは?

事業の運営や経営などに積極的に参加はしていないが、そこから収入が発生している場合、その収入を受動的所得と言うそうです。

例えば、不動産収入を得ているが実際の運営は行っていなかったり、投資によって収入を得ているが、投資先の経営に参加していなかったりする場合が受動的所得に該当するようです。

 

不労所得を手に入れるための労働とは?

先の項で説明した「不労所得」の意味を見てみると、労働せずに得られる収入のことを不労所得と言っていることが分かります。確かに、不労所得とは労働をせずに手に入れることができる収入のことです。しかし、不労所得を得るための仕組みを作り上げたり、その環境を手に入れるためには労働する必要があります。では、不労所得を手に入れるための労働にはどんなことがあるでしょうか?このことについて、いくつか不労所得の種類を挙げて考えてみたいと思います。

アフィリエイト

まずは、アフィリエイトで不労所得を築き上げるために必要な労働です。アフィリエイトで不労所得を得るための仕組みを作り上げるために必要な労働は次のことが考えられます。

  • ブログを開設する
  • ブログデザインを考える
  • USPとターゲティングの設定
  • 売る商品を選定する
  • 記事を書く
  • 集客する(広告出稿やSNSでの拡散など)
  • メルマガの発行
  • 商品を購入した顧客のサポート

 

ネットワークビジネス

では、次にネットワークビジネスで不労所得を得るために必要な労働について考えてみたいと思います。ネットワークビジネスで不労所得を得るために必要な労働は次のことが考えられます。

  • ネットワークビジネスの会社に登録する
  • ネットワークビジネスのセールス方法を学ぶ
  • 商品を売る
  • 会員を増やす
  • 子会員のサポート、教育

 

不動産収入

では、次に不動産収入で不労所得を得るためには、どんな労働が必要になるでしょうか。不動産収入に関しては、次のことが考えられます。

  • 物件を探す
  • 入居者を集める
  • 入居者を集めるための施策を施す(リフォーム)
  • 銀行へ融資の相談をする
  • 建物のメンテナンス(定期的な修繕工事や美装工事など)

 

ここでは、アフィリエイト、ネットワークビジネス、不動産収入を例に挙げて、不労所得を手に入れる環境を築き上げるための労働について考えてみましたが、この3つ以外にも、どんなビジネスでもまったく働かずに収入を得られるということはありません。

不労所得を手に入れるために行った一つ一つの行動が資産となって、その結果、その作り上げた資産からお金が入ってくることが不労所得を手に入れるということです。つまり、不労所得を言い換えると、「過去に行った労働の恩恵を、現在手に入れている」と言えるのではないでしょうか。

 

不労所得を手に入れるために欠かせないマインド

不労所得意味を知っていくと、漠然としかイメージできなかったときに比べて、不労所得に対するイメージは変わってきたのではないでしょうか。不労所得と聞いてまったく働かずに得られる所得のことだと思っていた人にとっては、ある程度の労働が必要だということを知っただけでも大きなギャップを感じるかもしれません。

なぜ、今回不労所得の意味について記事を書こうと考えたのかというと、不労所得の意味を知ることによって不労所得を手に入れるために欠かせないあるマインドを手に入れることができると思ったからです。そのマインドとは、

不労所得を手に入れる=未来のために、今在るお金と時間を投資する

これが、不労所得を手に入れるための成功のカギだと言っても過言ではありません。なぜなら、このマインドを持っているかどうかで、行動一つ一つに大きな違いが出てくるからです。では、どのような違いが出てくるのでしょうか?

 

すぐに稼ごうとしない

私はアフィリエイトに携わってきて、稼げない人たちのある特徴を常に感じてきました。その特徴とは、すぐに稼ごうとすることです。この考えを持っている人たちは、よく次のような行動や考えをします。

  • 今すぐ手に入るお金を重要視する
  • 簡単に稼げる方法を探す
  • 手っ取り早く稼げる方法を探す
  • 自分ができること以外はやらない
  • 少しでも成果が出ないと文句を言う
  • 将来成果が出ることが信じられない

あなたは、どうでしょうか?もし一つでも当てはまっていたとしたら考えを変える必要があるでしょう。先ほどもお伝えした通り、不労所得を手に入れるとは、未来のために今在るお金と時間を投資することです。つまり、不労所得を手に入れるためには、お金を収穫するための種まきをする時期が必要だということです。

もし不労所得を手に入れたいと考えているのであれば、すぐに稼ごうとする考えは排除する必要があるでしょう。

 

諦めない(=忍耐力)

これは、不労所得を手に入れるだけでなく、ビジネスで成果を上げるためには絶対に欠かせないことです。当然ながら、ビジネスではすぐに収益を上げることはできません。先ほどもお伝えした通り、種まきをする時期が必ず必要です。

中には、すぐにお金を稼げる方法も確かにあります。

例えば、パチンコや競馬などのギャンブル、宝くじ。しかし、このようにすぐに稼げるようなお金は、長く継続して稼ぎ続けることはできませんし、絶対に不労所得にはなり得ません。

不労所得を手に入れるためには、巻いた種が芽を出すまで諦めずに水や肥料などの栄養を与え続けなければいけません。当然ながら、芽が出るまではほとんど成果ありませんし、それどころかマイナスを経験することがほとんどです。そのため、多くの人が(正しい行動を取っていたとしても)途中で信じられなくなって脱落してしまいます。

しかし、巻いた種は必ず芽を出します。未来に収穫できる成果を信じて今在るお金と時間を投資し続けることさえできれば。たったこれだけのことなのに、多くの人は、不労所得を手に入れることをもっと難しいことのように考えて信じられなくなり自ら脱落していきます。

不労所得を手に入れるためには、諦めずに、成果が出るまで我慢して、未来のために今在るお金と時間を投資し続けることが必要です。

 

優先順位を考える

先ほど、不労所得=未来のために、今在るお金と時間を投資することだとお伝えしました。この投資は、大きければ大きいほど、成功スピードは上がっていきます。つまり、もし少しでも早く不労所得を手に入れたいと考えるのであれば、今在るお金と時間を何を重要視して投資するかを慎重に選択する必要があるということです。そして、この時に考える必要があるのが、優先順位です。

簡単に言うと、不労所得を手に入れたいのにいつまで経っても現在の生活が変わらない人は、現在の生活を最優先にして今在るお金と時間を投資しているということです。このような人たちの大きな特徴は、未来の成功よりも今の生活を成り立たせることで必死だということです。

毎月の生活費、月々のカード支払いや家や車のローンの支払いをするために、貴重な時間を使いお金を稼ぐ人たちです。そして、このような人たちは、余裕があるときには不労所得を手に入れることを優先して行動することができますが、いざ余裕がなくなると今の生活を成り立たせることを最優先に行動してしまいます。

一方、不労所得を手に入れる人たちは、お金や時間に余裕があるとき余裕がないときに関わらず、常に不労所得を手に入れることを最優先にして行動し続けられる人たちです。成果が上がり始めるまでは、マイナスを経験することが多々ありますが、このような人たちは、そのような中でもどうすれば不労所得を手に入れることができるかを常に考え模索しながら行動します。

実は、不労所得を最優先にして行動する人と今の生活を最優先にして行動する人の状況には、たいして差はありません。不労所得を最優先にして行動できる人であっても、毎月の生活費やカードやローンの支払いをする必要がありますし、毎月の生活を成り立たせることはとても大事です。

もし、不労所得を手に入れるための行動が最優先だからといって毎月の生活を蔑ろにしてしまえば、いずれ生活が成り立たなくなり、その結果不労所得を手に入れるための行動も取れなくなってしまうでしょう。これでは不労所得を手に入れることを最優先に出来ているとは言えません。では、不労所得を最優先にして行動するとは一体どういうことでしょうか?

それは、不労所得のための行動とそれ以外の行動(毎月の生活や支払いなど)のバランスを取ることです。もっと解りやすく言い換えると、あなたが不労所得を手に入れるための行動を最優先にできる状態を保ち続けることです。

どちらかに偏ってはいけません。少しでも偏れば、不労所得のための行動を最優先にすることはできなくなってしまうからです。不労所得を最優先にするとは、不労所得を手に入れるための行動を最優先にできる状態を保ち、不労所得を手に入れるための行動を成果が上がるまで継続することです。これが、今在るお金と時間を投資する優先順位を考えるということでもあります。

 

まとめ

この記事では、不労所得意味についてお伝えしてきました。不労所得を手に入れるイコール働かなくていいと思っていた人にとっては、不労所得に対するイメージが大きく変わったのではないでしょうか。

言うまでもないことだと思いますが、お金を手に入れるためには必ず労働する必要があります。不労所得だからといって全く働かずにお金を稼ぐことはできません。しかし、労働することができれば必ずお金は稼ぐことができます。

会社員のように、給料をもらうために労働すれば、毎月給料をもらうことができたりボーナスをもらうことができて生活していくことができます。この給料をもらうことと同じように、もし不労所得を手に入れたいと思うのであれば、そのための労働を繰り返していくことで、いずれ不労所得を手に入れることができます。

つまり、今在るお金と時間を使って何のために労働するかによって、将来的に得られる報酬が変わってくるということです。もし、不労所得を手に入れたいと考えているのであれば、不労所得の意味について理解を深めて、今在るお金と時間を何に投資すべきかを慎重に考えていく必要があるでしょう。そのためにこの記事が何かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 - 不労所得