パーマリンクの変更は要注意です!SEO評価がリセットされた失敗談とSNSシェア数の表示を元に戻した方法

   

先日、”あること”を変更したらパーマリンク変更されてしまい、SEO評価がリセットされてしまいSNSでシェアされたカウントがすべてリセットされてしまいました。ちなみに、パーマリンクを変更されてしまった記事はこちらです。

アクセスを上げるアフィリエイトのやり方|初心者でもアクセスを集められる、とっておきの方法をご紹介!

こちらの記事は、本当にたくさんの方に読んでいただいて、シェアしていただいた記事です。

現在では、上の画像のように、SNSシェア数のカウントが表示されていますが、パーマリンクが変更されてしまったことでこのシェア数のカウントがすべてゼロになってしまいました。

パーマリンクが変更されればSEO評価はリセットされてしまいますのでSNSのシェア数もリセットされるのは、私自身知っていましたし注意していたつもりでした。しかし、恥ずかしながら注意不足で、”あること”を変更したことでパーマリンクも変わってしまい、SNSシェア数がリセットされてしまう結果となってしまったんです。

  1. パーマリンクを変えてしまった”あること”とは?
  2. SNSシェア数のカウントをすぐに元に戻せた方法とは?

この記事では、この2つのことについて今回の失敗経験を踏まえてお伝えしていきたいと思います。

 

パーマリンクが変更されるとどうなるか?

冒頭でもお伝えしたように、パーマリンク変更されるとページそのもののURLが変わってしまいますから、GoogleやYahoo!などの検索エンジン側からすれば、内容は同じでも全く別のページだと判断されます。

つまり、それまで蓄積してきたSEO評価やSNSでシェアされた回数はすべてリセットされてしまうということです。

 

”あること”を変更したらパーマリンクが変わってしまいました!

その”あること”とは、記事の更新日です。なぜ、わざわざ記事の更新日を変更したのかというと、記事の更新日が公開した日にちではなく、記事を最初に書き始めた日にち(最初に下書き保存した日にち)で設定されていたからです。

特に変更しなければいけない理由はなかったのですが、記事の公開日が違うことにすごく違和感を感じたために変更することにしました。

 

なぜ更新日を変更したらパーマリンクまで変わってしまったのか?

パーマリンクが変更されてしまった理由は、このブログのパーマリンク設定が

「http://ドメイン名/year/month/day/postname」

で表示されるようになっているからです。つまり、更新日が変更されれば、パーマリンクの「year/month/day」の部分も変更されるため、パーマリンクが変わってしまったのです。

もしパーマリンク設定を「http://ドメイン名/postname」と表示されるように設定している場合は、更新日を変更してもパーマリンクが変更されることはありません。

 

SNSシェア数のカウントをすぐに元に戻した方法

私は、パーマリンクが変更になってしまいSNSシェア数のカウントがリセットされていることに気付いて、すぐに更新日を元に戻しました。しかし、記事を開いてみると、SNSシェア数のカウントはリセットされたまま何も表示されていませんでした。

しかし、あるプラグインを使うことでSNSシェア数のカウントをすぐに元に戻すことができました。そのプラグインは、「SNS Count Cache」です。

SNS Count Cacheは、どんなプラグイン?

SNS Count Cacheは、Twitter、Facebook、Google+、Pocket、Pinterest、Linkedin、はてなブックマークのシェア数を取得し、WordPressのデータベースにキャッシュできるプラグインです。そして、SNSシェア数のカウントをネットワーク経由ではなくキャッシュで参照し表示させることで、ページの読み込み速度を高速化させることができます。

 

SNSシェア数のカウントの表示を元に戻した方法

今回実施した方法は、SNS Count Cacheで、SNSシェア数のカウントを再キャッシュする方法です。この方法を実施することでカウントの表示をすぐに元に戻すことができました。SNS Count CacheでのSNSシェア数のキャッシュ方法は次の手順で実施することができます。

ちなみに、この方法は、SNSでシェアされているはずなのに記事のSNSボタンにカウントが反映されない場合にも有効な方法です。

 

1.「キャッシュ状況」のページを開く

ダッシュボード内の「SNS Count Cache」→「キャッシュ状況」をクリックします。

 

2.キャッシュを実行する

キャッシュしたい記事の列の右端にある「キャッシュ」のボタンをクリックします。キャッシュボタン左側の「クロール日時」が更新されればキャッシュ実行完了です。一度該当記事を表示して、SNSボタンのカウントをチェックしてみてください。

もしキャッシュしてもカウントが表示されていない場合は、少し時間をおいてから再度チェックしてみてください。

 

まとめ

以上が、パーマリンク変更してしまった後にSNSシェア数のカウント表示を元に戻した方法です。今回の私のようなうっかりミスをする人はいないかもしれませんが、パーマリンクの変更は少なからずSEO評価に影響を与えることですから、念のため、私と同じミスをする人を少しでも減らしたいという思いで今回の出来事をシェアさせていただきました。

私は、今回の出来事から、どんなことであっても、すでに公開したページを編集する場合はよく注意してから行うようにすべきだということを改めて学びました。私は、たまに、公開した記事を後日修正したり追記したりすることもありますから、今回のようなうっかりミスで無駄にSEO評価を下げてしまわないためにも、今後はよく注意して行っていこうと思います。

そして、この私の失敗談が、少しでも多くの人のお役に立つことができたらとても嬉しいと思います。

 

 

 - SEO対策 ,