アムウェイで権利収入を手に入れるために、絶対に観ておきたい映画

2018/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
名古屋出身。28歳。
詳しいプロフィールはこちら

アムウェイ権利収入を手に入れたい!これは、アムウェイに参加している多くの人が思っていることだと思います。しかし、その中で実際に権利収入を手に入れられる人たちは、ほんの一部の人たちです。

では、なぜ多くの人はアムウェイで権利収入を手に入れることができないのでしょうか?今回は、ある映画を参考にして、その原因について考えてみたいと思います。アムウェイで稼げずに悩んでいる人にとって、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

絶対に観ておくべき映画とは?

映画「海賊とよばれた男」。これが私が絶対に観ておくべきだと考えている映画です。この映画の内容を知っている人は思うと思います、「アムウェイとどう関係があるの?」と。

では、「海賊とよばれた男」とアムウェイとどう関連しているのか?

それは、この映画の内容はもちろんそうなのですが、一番は、この映画のモデルになっている人物「出光佐三」です。この人の仕事に対する、そして、会社に対する考え、この部分が、アムウェイで権利収入を手に入れたいと思っている人にとって参考になるのではないかと思います。

 

映画「海賊とよばれた男」

「海賊とよばれた男」は、国岡商店が数々の苦難を乗り越えて大企業に成長するまでの過程を描いた物語です。そして、この映画の主人公で岡田准一演じる国岡鐵造は、出光興産の創業者である出光佐三をモデルにした人物です。

この映画の中で、国岡商店の店主(社長)である国岡鐵造は、仲間の死や同業者からの圧力、何度もやってくる倒産の危機、数々の苦難を乗り越えながら会社を大きく成長させていきます。そして、国岡鐵造は数々の苦難の中でも絶対に店員(従業員)を見放すことはしません。

第二次世界大戦で世界を敵に回した日本は敗戦しました。そして、敗戦した日本は海外資産をすべて失うことになりました。それに伴い、国岡商店も、メイン事業である石油の仕事を失い倒産の危機を迎えます。そんな時でさえ、国岡鐵造は、店員を誰一人として解雇することはしませんでした。「仕事がなければ作ればいい!」と。

この映画を観ていると、今でこそ、巨大企業である出光興産が、数えきれないほどの苦難を乗り越えてきた結果なのだということがよく解ります。

 

出光佐三の参考になる言葉

もしお時間があれば、次の動画を観てみてください。出光佐三がどのような人物なのかが解る動画です。

この動画の中で、次の2つの言葉がアムウェイで権利収入を得るために参考になる言葉ではないかと思います。

「出光の仕事は金もうけにあらず。人間を作ること。」

「経営の原点は人間尊重です。世の中の中心は人間です。金や物じゃない。その人間というのは、苦労して鍛錬されて初めて人間になるんです。」

この2つの言葉について書く前に、まず、アムウェイで権利収入を得るためには何が必要なのかについて考えてみたいと思います。

 

アムウェイで権利収入を得るとは?

アムウェイで権利収入を得るためには何をする必要があるでしょうか?当然ながら、自分で商品を売ったり、会員を増やしたりしている内は権利収入とは言えど、かなりの労働収入になってしまいます。

働かなくてもお金が入ってくる。この不労所得を手に入れている状態が、多くのアムウェイ実践者が目標としているところだと思います。では、働かなくてもお金が入ってくる状態になるためにはどうすればいいでしょうか?

それは、人を育てることではないでしょうか。アムウェイ商品を売ることができる、そして、アムウェイ会員を増やすことができる人を育てること、これがアムウェイで権利収入を得るためには必要なことだと思います。

 

アムウェイで権利収入を手に入れられない人たちの原因

では、人を育てるという視点から、アムウェイで権利収入を手に入れられない人たちについて考えてみたいと思います。

なぜ多くの人はアムウェイで権利収入を手に入れることができないのでしょうか。それは、人を育てることができないからだと、私は思っています。では、人を育てるためには、どんなことをする必要があるでしょうか?

それは、自分自身が人を育てられる人間になることではないでしょうか?では、人を育てられる人間になるためには何が必要でしょうか?それは、経験だと思います。多くのアムウェイ実践者が必ず通るであろう苦難の数々を乗り越える経験です。

私は、その経験を乗り越えて初めて、人を育てられる人になるのではないかと考えています。しかし、多くの人たちは、その経験に直面した時、または、その経験をしている最中に諦めて脱落していきます。

このように考えると、多くのアムウェイ実践者が権利収入を手に入れられない原因が手に取るように解ってくるのではないでしょうか?

 

権利収入を手に入れられない原因

苦難を失敗だと思って、経験しようとしないこと。これが、アムウェイ実践者の多くが権利収入を手に入れることができない一番の原因だと思います。

アムウェイは、今現在、これまでの実践者が行ってきた不誠実な、そして、自己利益目的な行動の代償として、世間的な評判はかなり悪いものになってしまいました。「ねずみ講」、「違法」、「怪しい」、「強引な勧誘」、アムウェイという言葉を聞くと、無意識にこのようなイメージが出てくるのではないでしょうか。

私はアムウェイをやっている訳ではないのですが、アムウェイでかなり高いピンレベルまで登り詰めた人たちの話を聞くと、アムウェイは多くの人がイメージしているような、ねずみ講でもありませんし、違法でもありません。ましてや、怪しいビジネスでもないということが解ります。

むしろ、私は、ネットワークビジネスほど素晴らしいビジネスモデルは他にないのではないかと思ってしまったほどです。

なぜ、そのような素晴らしいビジネスモデルのアムウェイが、ねずみ講、違法、怪しいビジネスなど悪いイメージを抱かれるようになってしまったのかというと、それは、ビジネスのことを全く知らない人たちが、自己利益目的な行動をしてきてしまったことが原因です。

突然のアポイントメント
強引で執拗な勧誘
偽りや誇張表現

このようなことを繰り返していれば、世間からの信頼が無くなっても当然ですよね。しかし、これは本来のネットワークビジネスの姿とは大きくかけ離れています。

 

乗り越えなければならない苦難

世間からのかなり悪い評価。これが、現在のアムウェイで稼ぐために乗り越える必要がある課題だと思います。そして、その結果、多くのアムウェイ実践者に次のような苦難が押し寄せてくるはずです。

アムウェイと言うだけで、嫌煙される
怪しまれて、何を伝えても聞いてもらえない
精神的な苦痛
稼げない期間
無収入なのに、お金を投資しなければならない

アムウェイで稼ぐためには、これらの苦難を乗り越える必要があると思います。そして、アムウェイで稼げる人たちを育てられる人になるためには、まずは自分自身がこの苦難を経験して乗り越える経験をする必要があるのではないでしょうか。

 

アムウェイ実践者は経営者

人を育てて、育てた人たちの行動から利益を上げていく。これがアムウェイ権利収入を手に入れているという状態だと思います。つまり、アムウェイ実践者は一人一人が経営者だと、私は考えています。

そして、経営者だからこそ、参考にすべきも経営者の経験を知ることなのではないかと思います。そう考えた時に、ふと思い出したのが、今回この記事でお伝えさせていただいた、映画「海賊とよばれた男」であり、出光佐三の言葉でした。

 

出光佐三の言葉①

「出光の仕事は金もうけにあらず。人間を作ること。」

この言葉は、アムウェイ実践者にはピッタリの言葉ではないでしょうか。アムウェイで権利収入を手に入れるためには、稼げる人間を作ることです。では、稼げる人間を作るためには何が必要でしょうか。

それは、この記事でもお伝えした、

アムウェイと言うだけで、嫌煙される
怪しまれて、何を伝えても聞いてもらえない
精神的な苦痛
稼げない期間
無収入なのに、お金を投資しなければならない

このようなアムウェイ実践者に押し寄せてくる苦難を経験させて、その苦難を乗り越える方法を伝えていくことです。そして、最終的には、その人たちも人を育てられる人間になれるように導いていくことです。

 

出光佐三の言葉②

「経営の原点は人間尊重です。世の中の中心は人間です。金や物じゃない。その人間というのは、苦労して鍛錬されて初めて人間になるんです。」

私は、この言葉の中に、人を育てていくために重要なヒントが隠されていると思っています。それは、苦労して鍛錬されて初めて人間になる、ということです。

これは、稼げる人間になるためにも同じことが言えると思います。苦労して鍛錬されて初めて稼げる人間になれるのだと思います。そして、自分が経験してきた苦労を伝えて、自分が教える人たちにも同じように苦労を乗り越える経験をさせることができる人が、アムウェイで権利収入を手に入れる人たちなのだと思います。

 

出光佐三のことを理解するために

この記事では、出光佐三の仕事や会社に対する考えを参考にして、アムウェイで権利収入を手に入れるために必要なことについて書きましたが、やはり、出光佐三を理解する一番の方法は、今では映画「海賊とよばれた男」を観ることが一番の方法だと思います。

国岡鐵造がどのような苦難を乗り越えてきたのか?このことを知ることで、アムウェイで権利収入を手に入れるにあたって、多くの人が稼げない原因や稼ぐためにはどんな経験をしていく必要があるのかを理解することができるのではないかと思います。

アムウェイで権利収入を手に入れたいと考える人たちにとって、「海賊とよばれた男」は絶対に観ておくべき映画です。

 

まとめ

今回は、アムウェイ実践者が権利収入を得るために絶対に観ておくべき映画として、「海賊よばれた男」について、そして、そのモデルとなった出光佐三のことについて書いてみました。この記事が、アムウェイで稼げずに悩んでいる人にとって、その突破口を見つけるためにお役に立てたら幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
名古屋出身。28歳。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ZO&SITE , 2018 All Rights Reserved.