公務員だとアムウェイの商品を購入できない?アムウェイに会員登録しなくても安く購入できる方法

ネットで調べてみると、公務員の人がアムウェイ商品を買うだけの目的で、アムウェイ会員に登録することができるのかについて疑問に思っている人が、意外にも多いということに気が付きました。

ですから、今回は、公務員はアムウェイ会員に登録することができるのかどうかについて考えてみたいと思います。公務員の人でアムウェイの商品を出来る限り安く購入したいという人にとって、その悩みを解消するために少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

公務員は、アムウェイの商品を購入できない?

公務員でもアムウェイの商品を購入することができます。このことについては、実際に、アムウェイが回答している事実があります。

 

公務員がアムウェイの商品を購入できる方法

上記の画像にも記載されているように、公務員の人がアムウェイの商品を購入する方法は、4通りあります。

  1. 知り合いのディストリビューターから購入する
  2. ディストリビューター登録をする
  3. ショッピングメンバー登録をする
  4. アムウェイプラザにて購入する

 

アムウェイの商品を安く購入できる2つの方法

上記の4つの購入方法の中でも、アムウェイに会員登録することで標準小売価格より安く購入できるようになります。そして、その方法は2通りあります。

会員の種類 購入価格
ディストリビューター 標準小売価格の25%~35%オフ
ショッピングメンバー 上記のディストリビューターコスト+10%

しかし、ディストリビューター登録をする場合に関しては、次のように記載されています。

なぜ、公務員だけこのように記載されているのか?それは、公務員の副業は法律によって規定されているからです。そして、その規定されている法律は、国家公務員と地方公務員それぞれ違います。

国家公務員 国家公務員法第103条
国家公務員法第104条
地方公務員 地方公務員法第38条

 

国家公務員法と地方公務員法

では、国家公務員法と地方公務員法では、それぞれ、副業についてどのように規定しているでしょうか?ここでは、公務員の副業を規定している法律について書いていきたいと思います。

国家公務員法

では、まず国家公務員法から見ていきたいと思います。国家公務員法で副業に関する規定は、103条と104条に記載されています。

【国家公務員法103条(私企業からの隔離)】

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

【国家公務員法104条(他事業又は事務の関与制限)】

職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

(参照元:国家公務員法

このように、国家公務員は、副業でお金を稼ぐこと自体を禁止されています。そして、お金を稼ぐこと以外の目的で他団体や他事業に従事する場合にも、許可が必要になります。

地方公務員法

では、地方公務員方についてはどうでしょうか?地方公務員の副業に関する規定は、地方公務員法第38条に記載されています。

【地方公務員法第38条(営利企業等の従事制限)】

職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

(参照元:地方公務員法

地方公務員の場合は、営利を目的をする副業が禁止されている訳ではありませんが、そのためには許可を受ける必要があるということです。国家公務員に比べると、少しではありますが、制限が緩くなっていますね。

 

ディストリビューター登録は、副業に当てはまる?

では、ディストリビューターに登録することは、副業に当てはまるのでしょうか?まずは、ディストリビューターの意味について見ていきたいと思います。

 

ディストリビューターとは?

ディストリビューターとは、アムウェイのホームページには次のように記載されています。

ディストリビューターとは

身近な人にお気に入りの製品を小売りしたり、アムウェイ・ビジネスを勧めたりしながら、「人から人へ」製品の流通ネットワークを広げていく。その役割を担っているのが、アムウェイ・ビジネスの主役であるディストリビューターです。

このように、ディストリビューターに登録するということは、アムウェイビジネスを運営する権利を手に入れることになります。

これは私の個人的な見解ではありますが、やはり、ディストリビューター登録するだけでも副業扱いとなってしまう可能性は高いと思います。

 

購入目的ならOK?

実は、ディストリビューターに登録をしても、「アムウェイ・ビジネス・セミナー」を受講しなければ、他人をアムウェイビジネスに勧誘するスポンサー活動を行うことはできないことになっています。このことについては、次の画像を見てみてください。

このように書かれています。そして、スポンサー活動をせずに、商品購入のためにディストリビューター登録をしている方も多数います、とも書かれています。

懲戒免職になった事例

では、「アムウェイ・ビジネス・セミナー」を受講しなければ、ディストリビューター登録をしても副業扱いにならないのでしょうか?

おそらく、「アムウェイ・ビジネス・セミナー」を受講しなかった場合でも、会員登録をしているという時点で問題となってしまう可能性が高いでしょう。実は、このことに関しては、ある公務員が連鎖販売取引の会員になっているということで、懲戒免職を受けたという実例があるんです。

次の質問のやり取りを読んでみてください。以下は、教えてGooから引用したものです。

【質問】

公務員法では副業は禁止されています。
副業=本業以外で収入を得ることですよね。

公務員がネットワークビジネスで収入を得てはいけないということは理解できています。

過去の事例で公務員が連鎖取引販売の会員であることが発覚し、懲戒免職になったと聞きました。

ネットワークビジネスの会員になると、自分が商品を購入する際、商品が安くなるので、入会しようかと思っています。(年会費もいらないので。)単に安く商品を購入したいだけです。
人に商品を売ったりして収入を得なければ、公務員でもネットワークビジネスの会社に入会することは問題ないでしょうか?

【回答①】

元公務員です。

中央のような厳格な役所もあれば、地方ではだらけているような役所(一部と信じたいです)もあります。

公務員の兼業は原則禁止です
あなたの気持ちもわからなくはないのですが、「公務員」という特別な性格を持つ職務に従事している以上、自分を律する最低限のコンプライアンスは守ってください。中央ではおそらく認められないと思いますが、地方では認められないとは限りません。

人事の許可を受けてから、ことを進めるべきと存じます。
勝手に、ことに手を染めて、進めて後で懲戒処分もなくはないです

公務員といえども人間です。「ちょっとぐらいならいいだろう」と安易に考え、連鎖取引販売の会員となり、儲かるからと終いにそっちが本業に・・・・・はありえなくないです。

神奈川県警の警視みたいにならないようにね。懲戒免職どころか逮捕されましたからね

そして、もう一人の回答者の方は、こうも答えています。

【回答②】

基本的にネットワークビジネスでは自分で購入した場合も自分への報酬(キャッシュバック)が存在します。

これは、割引価格とは別で、一旦定価で買ったものから
一定額の報酬が発生するという仕組みになっていますので
事実上の「収入」となります。

このやり取りを読む限り、やはり、購入目的とはいえ、ディストリビューター登録する場合、または、ショッピングメンバーに登録する場合でも、きちんと職場からの許可を受けてから進める方が良いと言えるのではないでしょうか。

 

アムウェイに会員登録しなくても、安く購入できる方法

この記事では、公務員の人がアムウェイ商品を購入する方法は次の4通りだとお伝えしました。

  1. 知り合いのディストリビューターから購入する
  2. ディストリビューター登録をする
  3. ショッピングメンバー登録をする
  4. アムウェイプラザにて購入する

そして、この中でも安く購入する方法は、2と3だということもお伝えしたと思います。しかし、実は、これ以外の方法でもアムウェイの商品を購入できる方法があります。

しかも、その方法では、アムウェイに会員登録する必要がありませんし、場合によっては、ディストリビューターやショッピングメンバーに登録するよりも安く購入できる可能性があります。

 

公務員の人にとって、安全かつ安く購入できる方法

その方法とは、Amazonやヤフオクなどのネット通販で購入することです。例えば、次の商品の価格を見比べてみてください。「アムウェイ ユースエクセンド アドバンスト クレンジングクリーム」という化粧品です。

ディストリビューターコスト 4,190円
メンバープライス 4,610円
標準小売価格 5,660円
Amazon 3,400円
ヤフオク 3,564円

上の表は、アムウェイから直接購入した場合とAmazonとヤフオクで購入した場合の購入価格を比較した表です。上の表からも解ると思いますが、この商品の場合、アムウェイ会員になってアムウェイから直接購入するよりも、Amazonやヤフオクで購入した方が安く購入できるということが解ります。

このように、Amazonやヤフオクなどのネット通販を利用することで、アムウェイの商品を出来る限り安く、そして、アムウェイに会員登録する必要なく、購入することができます。

このネット通販で購入する方法は、副業が法律で厳しく規定されている公務員の方にとっては、かなりおすすめの方法だと思います。このことについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの記事に詳しく書いていますので、もしお時間がありましたら、ぜひ一度読んでみてください。

Amazonでも買える?!アムウェイ商品の購入方法と会員にならなくても安く購入できる方法

 

まとめ

今回は、公務員アムウェイに会員登録することができるのか?そして、公務員がアムウェイの商品を出来る限り安く購入する方法とは?について記事にしました。アムウェイの商品を出来る限り安く購入したいという公務員の人にとって、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA