たったこれだけでブログのSEO評価が上がる?!プライバシーポリシーの作り方

ブログSEO評価を上げたい!これは、ブログをやっている人ならほとんどの人が抱いている思いではないでしょうか。

実は、プライバシーポリシーとSEOが直接的に関係しているのかどうかは定かではありませんが、私自身プライバシーポリシーをブログに表示させた日を境に、それまで停滞していたアクセスが急に上がり始めました。

私は、この経験から、プライバシーポリシーとSEOの関係を調べてみました。すると、プライバシーポリシーの表記の必要性について知ることができました。

まだ個人のサイトでプライバシーポリシーを表記しているサイトはあまり見かけませんが、実は、ほとんどすべてのサイトでプライバシーポリシーを表記することが必要なのです。

この記事では、このことについて以下の3つのポイントからお伝えしたいと思います。

  1. プライバシーポリシーとは何か?
  2. プライバシーポリシーの必要性
  3. プライバシーポリシーの作り方

これらのことについてお伝えしたいと思います。

この記事が、ブログのSEO評価を上げられずに悩んでいる人にとって、少しでもブログのSEO評価アップのきっかけになったら幸いです。

 

スポンサーリンク

はじめに

冒頭では、アクセスアップのきっかけとなったのは、プライバシーポリシーを表示させたことだったとお伝えしましたが、このことは私の個人的な実体験からお伝えしていることですから、あくまで一意見として読んでいただけると幸いです。

そして、プライバシーポリシーがSEO評価に直接影響を与えるのかどうかははっきりとは解っていませんので、予めご了承ください。

 

急に上がり始めたアクセス

プライバシーポリシーについてお伝えする前に、まずは、実際に私のアクセスが上がり始めたことについて簡単にお伝えしたいと思います。

このブログのアクセスは、約1ヶ月の間停滞していました。しかし、プライバシーポリシーを表示させた日を境に、より多くのキーワードで上位表示されるようになり、急にアクセスが上がり始めました。

以下の画像を見てみてください。

私が、プライバシーポリシーを公開した日は7月21日です。そして、上記の画像を見ていただくと7月21日までほぼ横ばいだったアクセス数が、21日を境に上がり始めていることが解ると思います。

劇的にアクセスが増えたわけではありませんが、アクセス数は約200~400PV増えました。

では、プライバシーポリシーとは一体何なのでしょうか?そして、SEOには多少なりとも影響するのでしょうか?ここからは、プライバシーポリシーについてその必要性や作り方についてお伝えしていきたいと思います。

 

プライバシーポリシーとは?

最近では、まだまだ少ないですが、たまに個人のブログやサイトでもプライバシーポリシーを表示しているサイトを見かけるようになりました。

では、そもそも、プライバシーポリシーってどんなものなのでしょうか?

ここでは、日本公益社団法人日本広報協会で説明されている文章を参照させていただきたいと思います。

【プライバシーポリシーとは?】

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。

すべてのウェブサイトに必要なものではありませんが、個人情報を収集するサイトの場合は、プライバシーポリシーの制定と明記が必要とされています。

具体的には、以下の内容を有するウェブサイトが対象になります。

  1. 商品や各種サービスの申込み、確認
  2. 懸賞・クイズへの応募
  3. カタログ・資料請求
  4. 会員制サイトへの登録や入会
  5. イベントの参加申込み、施設の利用申込み
  6. メールによる問い合わせ、照会や意見募集
  7. 電子会議室や掲示板
  8. メルマガ等の配信登録
  9. クッキーによるユーザー識別やアクセス情報の収集
  10. その他、何らかの形で個人情報を収集するもの

(参照元:日本公益社団法人日本広報協会

上記に該当するサイトはすべて、プライバシーポリシーを表記する必要があるということになります。

 

プライバシーポリシーの必要性

先ほど、「プライバシーポリシーとは?」の項で、日本広報協会のサイトに記載されている文章を参照させていただきました。

そして、そこに書かれている通り、以下に該当するサイトはすべてプライバシーポリシーが必要となります。

プライバシーポリシーが必要なサイト!

  1. 商品や各種サービスの申込み、確認
  2. 懸賞・クイズへの応募
  3. カタログ・資料請求
  4. 会員制サイトへの登録や入会
  5. イベントの参加申込み、施設の利用申込み
  6. メールによる問い合わせ、照会や意見募集
  7. 電子会議室や掲示板
  8. メルマガ等の配信登録
  9. クッキーによるユーザー識別やアクセス情報の収集
  10. その他、何らかの形で個人情報を収集するもの

 

ほとんどすべてのサイトで表記が必要

上記の「プライバシーポリシーが必要なサイト!」の内容を見てみると、現在、ネット上にあるほとんどのサイトがプライバシーポリシーを表記する必要があることが解ると思います。

しかし、個人的には、まだプライバシーポリシーを表記しているサイト、特に個人のサイトは少ないように感じます。

 

ビジネス目的のサイトじゃなくても表記が必要?!

プライバシーポリシーが必要なのは、主に、個人情報を取り扱うビジネス目的のサイトだと思われるかもしれません。しかし、それ以外のサイトでもプライバシーポリシーを表記することは必要です。

このことに当てはまる代表的なサイトは、以下の2つのサイトです。

  1. Googleアナリティクスでアクセス解析しているサイト
  2. アドセンス広告を掲載しているサイト

これらのサイトは、一見、個人情報を取り扱っていないためプライバシーポリシーの表記は必要ないように思えますが、実は、プライバシーポリシーの表記をする必要があるのです。

では、なぜプライバシーポリシーの表記が必要なのでしょうか?一つ一つ見ていきたいと思います。

 

1.Googleアナリティクス

実は、Googleアナリティクスの利用規約には、「プライバシーポリシーの掲載をしなければならない」と明記されています。

お客様はプライバシー・ポリシーを掲載しなければならず、当該プライバシー・ポリシーにはお客様が、データの収集のために cookie を使用していることが示されなければなりません。お客様は、Google Analyticsの使用、どのようにデータを収集し、処理するかを開示しなければなりません。

これは、(www.google.com/policies/privacy/partners/ に位置し、またはGoogleが随時提供するその他のURLにある)「お客様がパートナーのサイトやアプリケーションを使用する際、Googleはどのようにデータを使用しているか」というサイトへの目立つリンクを表示することにより行われます。お客様は、本サービスの利用によって発生する訪問者のデバイス上のcookieまたはその他の情報の保存およびこれらのアクセスに関し、法令により義務付けられている場合、訪問者に明確かつ十分な情報を確実に提供し同意を得るための商業上合理的な努力を行うものとします。

(参照元:Googleアナリティクス利用規約

上記利用規約にも書かれている通り、Googleアナリティクスを利用しているユーザーは、訪問者に対して次の3つのことを開示する必要がります。

プライバシーポリシーに記載しなければならないこと!(Googleアナリティクス)

  1. Googleアナリティクスを使用していること
  2. どのようにデータ収集をして、処理をしているか
  3. データ収集のためにCookieを使用していること

Googleアナリティクスでは、アクセス解析をする際に個人を区別するためにCookieを利用しています。このCookieによって、訪問者が以前もサイトを訪問してきた人なのか、新規の訪問者なのかを区別したりすることができます。

そして、Googleアナリティクスでは、訪問者のIPアドレス(インターネット上の住所)の情報を読み取ることで、訪問者がどの国、地域から訪問してきたのかを区別しています。

このように、Googleアナリティクスでは、個人を区別できる情報を収集して、その情報を基にアクセス解析を行っているため、プライバシーポリシーの表記が必要になります。

 

2.アドセンス広告

アドセンス広告も、個人情報を取り扱っていないように感じるかもしれませんが、Googleアナリティクス同様にプライバシーポリシーを表記する必要があります。

そして、実際にAdsenseヘルプでは、サイトのプライバシーポリシーにアドセンス広告について以下の情報を明記する必要があると記載されています。

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

 

(参照元:必須コンテンツ|Adsenseヘルプ

アドセンス広告では、Googleアナリティクス同様、広告を配信するにあたってCookieを利用しています。

アドセンス広告は、Cookieを利用することで、サイト訪問者が他のサイトにアクセスした情報を収集し、その情報を基にそのユーザーに適切な広告を表示する仕組みとなっているのです。

アドセンス広告を掲載しているユーザーは、訪問者に対して次の2つのことを開示する必要があります。

プライバシーポリシーに記載しなければならないこと!(アドセンス広告)

  1. 広告を表示させるにあたってCookieを使用しているということ
  2. 広告設定でCookieを無効にできること

これらのことについてプライバシーポリシーに記載する必要があります。

 

プライバシーポリシーは表記していますか?

上記、「1.Googleアナリティクス」「2.アドセンス広告」の項でお伝えした通り、この2つのサービスを利用している人は、プライバシーポリシーを表記する必要がありますし、基本的に、Cookieを使用するサービスを利用している場合には、Cookieを使用している旨をプライバシーポリシーに記載する必要があります。

ですから、実は、Googleアナリティクスやアドセンス広告だけでなく、

  • 楽天アフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

これらのアフィリエイト広告を利用している人も、その旨をプライバシーポリシーに記載する必要があります。

しかし、Googleアナリティクスもアドセンス広告も、アフィリエイト広告を利用しているサイトも、数多く見かけますが、その中でプライバシーポリシーが表記されているサイトは少ないように感じます。

もし、まだプライバシーポリシーを作成していないという人は、これからプライバシーポリシーの作り方について書いていきますので、もしお時間があれば、簡単にできますから、読みながら作成してみてください。

 

プライバシーポリシーの作り方

プライバシーポリシーの作り方には2通りの方法があります。

  1. WordPressの機能で作成する方法
  2. ひな形をコピペする方法

ここでは、上記2つの方法についてお伝えしたいと思います。

 

1.WordPressの機能で作成する方法

知っている人は少ないかもしれませんが、WordPressにはプライバシーポリシーを作成する機能があります。ここでは、その機能を使ってプライバシーポリシーを作成する方法をお伝えします。

その方法は、とても簡単です。

まず、ダッシュボード内の「設定」→「プライバシー」をクリックしてください。

次に「新規ページ作成」を選択します。

すると、プライバシーポリシーのひな型が表示されますので、あとは、そのひな形に沿ってご自身の情報を記載していき「公開」するだけで完成です。

 

2.ひな形をコピペする方法

次にご紹介する方法は、ひな形をコピペする方法です。

プライバシーポリシーのひな型は、Googleで検索すると複数出てきますから、ご自身のサイトに適したひな形をコピペして貼り付けても構いません。

ここでは、ネット上で公開されているひな形をいくつか紹介したいと思います。お好きなひな形をコピペして、文章内の情報をご自身のサイトの情報に修正してお使いください。

注意点

プライバシーポリシーを作成する場合は、「固定ページ」で作成し公開するようにしてください。WordPressと連携させる際に、固定ページで作成している必要があります。

 

ひな形①

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトバリューコマースiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人である▲▲▲が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

 

ひな形②

当ブログにおける個人情報の取扱いについて、以下のとおりにプライバシーポリシーを定めます。

運営者情報

運営者:
ブログURL:
お問い合わせ:

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせやコメントの際に、お名前(ハンドルネーム)・メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合があります。

これらの個人情報は、質問に対する回答や必要な情報をご連絡するために利用し、それ以外の目的では利用しません。

個人情報の第三者への開示

個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止

個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止をご希望の場合には、ご本人であることを確認したうえで、速やかに対応致します。

Cookieについて

当ブログでは、一部のコンテンツにおいてCookieを利用しています。
Cookieとは、webコンテンツへのアクセスに関する情報であり、お名前・メールアドレス・住所・電話番号は含まれません。

また、お使いのブラウザ設定からCookieを無効にすることが可能です。

広告の配信について

当ブログは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります。

Googleアドセンスの詳細は「Googleポリシーと規約」をご覧ください。

また、当ブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイトプログラムの参加者です。

このプログラムにより、第三者がコンテンツ、及び宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにcookieを設定したり、これを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールについて

当ブログでは、Google Inc.が提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。

Googleアナリティクスの詳細は「Googleアナリティクス利用規約」をご覧ください。

当ブログへのコメントについて

当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

また、以下の内容を含むコメントは運営者の裁量によって削除することがあります。
・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの
・極度にわいせつな内容を含むもの
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの

著作権について

当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。権利を侵害する目的ではありません。

記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。本人確認後、対応致します。

また、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

免責事項

当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当ブログのコンテンツについて、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当ブログは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

初出掲載:20○○年○○月○○日
最終更新:20○○年○○月○○日

 

ひな形③

プライバシーポリシー

本プライバシーポリシーは、〇〇〇あなたのサイト名(〇〇〇あなたのサイトURL)(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。

1.基本方針

当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。

2.適用範囲

本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。

3.個人情報の取得と利用目的

当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。

3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します

当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。

  • コメントフォームに表示されている名前(HN)
  • コメントフォームに表示されているメールアドレス
  • コメントフォームに表示されているコメント内容
  • コメントフォームに表示されているサイト名(任意項目)
  • IPアドレス
  • ブラウザユーザーエージェント文字列

これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。

メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。

3-1-1.利用目的について

荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。

コメントが当サイトの管理人である〇〇〇あなたの名前(以下、「管理人」とします。)に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。

3-1-2.保存期間について

当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを〇年間保存します(あなたの方針に合わせて期間は変更してください。期間に関しては後述します)

備考)訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます

訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。

3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて

訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。

また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。

3-2.お問い合せされた個人情報を取得します

当サイトではお問い合わせフォーム(あなたのサイトのお問い合わせフォームのURLを貼る)を設けています。

訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。

  • お問い合わせフォームに入力された名前(HN)
  • お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス
  • お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容

3-2-1.利用目的について

お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。

また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。

3-2-2.保存期間について

お問い合わせフォームに入力された個人情報は、〇年間保存します(あなたの方針に合わせて期間は変更してください。期間に関しては後述します。)

3-2-3.個人情報取得の同意について

当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。

お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。

3-3.Cookieによる個人情報の取得

当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。

Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。

3-3-1.利用目的について

訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。

たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。

たとえばあるサイトを利用していて、初回はログインパスワードを入力する画面が表示されたけど、2回目以降はログイン画面は表示されずにアクセスできた、という経験ありませんか?それはCookieによるものです。

訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。

なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。

3-3-2.保存期間について

当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます(コメントのCookie1年間保存するのはWordPressのデフォルト設定です。)

3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について

当サイトでは、グーグル株式会社やヤフー株式会社などをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して当該第三者が訪問者のCookie情報等を取得して、利用している場合があります。

当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について

訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止すること)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。

3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について

訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。

すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

4.個人情報の管理

当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。

4-1. 情報の正確性の確保

訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。

4-2. 安全管理措置

当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。

4-3. 個人情報の廃棄

個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。

4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

上記を希望される場合は、以下のメールアドレスまでお問い合わせください。

メールアドレス:〇〇〇あなたのメールアドレス(★を@に置き換えて下さい)

5.個人情報の第三者への提供について

当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。

6.未成年の個人情報について

未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。

7.お問い合わせ先

当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、下記のメールアドレスにてお問い合わせください。

当サイト運営者:〇〇〇あなたの名前

メールアドレス:〇〇〇あなたのメールアドレス(★を@に置き換えて下さい)

8.アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます(個々のGoogle Analytics の設定によります)。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。

9.第三者配信の広告サービスについて(Google Adsenseを利用している場合は記載する)

当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。

Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。

訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。

Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。

10.Amazonの広告配信について(Amazonアソシエイトを利用している場合は記載する)

〇〇〇あなたのサイト名は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。

11.プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

平成〇〇年〇月〇日 策定(公開日を記載)
平成〇〇年〇月〇日 改訂(更新日を記載)

 

プライバシーポリシーとWordPressを連携させる

プライバシーポリシーを作成したら、次に、WordPressと連携させましょう。WordPressと連携させる方法も簡単にできますので、これからお伝えする方法で実行してみてください。

「1.WordPressの機能で作成する方法」の項と同じように、ダッシュボードから「プライバシー」のページへ移動してください。

移動したら、上の画像の通り、ご自身が作成したプライバシーポリシーのページを選択して、「このページを使う」をクリックしてください。

これで、プライバシーポリシーとWordPressの連携は完了です。

 

プライバシーポリシーを設置する場所はどこがいい?

プライバシーポリシーを作成したら、ブログ内に設置していきます。では、どこに設置すればいいのでしょうか?いろんなブログやサイトを見ていると次の2つの箇所に設置している人を見かけます。

  1. グローバルメニュー内
  2. フッター(ブログ最下部)

このブログの場合は、グローバルメニューとフッターの両方に設置しています。(以下の画像参照)

【グローバルメニュー内】

【フッター(ブログ最下部)】

 

一般的には、プライバシーポリシーはフッターに設置するようですので、フッターに設置しておけば間違いないでしょう。

プライバシーポリシーをブログに設置したら、プライバシーポリシーの作成は完了です。

 

まとめ

この記事では、以下の3つのことについてお伝えしてきました。

  • プライバシーポリシーとは何か?
  • プライバシーポリシーの必要性
  • プライバシーポリシーの作り方

冒頭でもお伝えしましたが、プライバシーポリシーとブログSEO評価との関係ははっきりとは解っていませんが、私個人の実体験としては、プライバシーポリシーを書いた日を境に、急にアクセスが伸び始めました。

そして、SEOに関係なく、Googleアナリティクス、アドセンス広告、アフィリエイト広告等を利用している場合は、プライバシーポリシーの表記が必要ですから、もし、まだ作成していないという人は少しでも早く作成することをおすすめします。

この記事が、この記事を訪問していただいた人にとって、ブログのSEO評価アップに少しでも貢献できたら幸いです。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください