ブログ初心者でもできる!ある原因を排除することでアクセスアップさせる3つのコツ

ブログを始めたけど、全然アクセスが増えない。こんな経験をしている人は、とても多いのではないでしょうか。実は、アクセスが増えないのには原因があります。その原因を排除することができれば、たとえブログ初心者でもアクセスアップさせることはできるのです。

この記事では、ブログ初心者向けにアクセスアップさせるコツについてお伝えしたいと思います。ブログのアクセスが上がらずに悩んでいる人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ブログとは?

ブログのアクセスアップのコツについてお伝えする前に、「ブログとは?」ということについて考えてみたいと思います。

この部分を明確にしていくと、ブログのアクセスを上げるために、どんなことをすればいいのか?ということが自然に見えてくるのではないかと思います。

では、ブログとは一体何でしょうか?私は、ブログは、読者にとって有益な情報を提供するものだと考えています。そして、このことについては、Google自身が以下のように勧めています。

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

品質に関するガイドライン|ウェブマスター向け公式ブログ

 

読者にとって有益な情報とは?

では、読者にとって有益な情報とは一体どんな情報でしょうか?それは、次のような情報だと考えています。

読者にとって有益な情報とは?

  • 読者の求めている情報
  • 読者が求めている以上の情報
  • 読者が気づきや学びを手に入れられる情報
  • 読者が新たな価値観を手に入れられる情報
  • 読者の問題や悩みが解決される情報

これらの情報が読者にとって有益な情報ですし、ブログで発信していくべき内容なのではないでしょうか。

 

読者にとって有益な情報を提供することでSEO評価が上がる?!

「読者にとって有益な情報を提供することとアクセスアップとどう関係があるの?」
「読まれなければ意味がないんじゃないですか?」

このように思われる人もいるかもしれません。しかし、読者にとって有益な情報を提供することは、ちゃんとアクセスアップにつながります。

その証拠に、Googleは検索順位を決める際に、次の項目を重要視して評価を行っていると伝えています。

このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

(参照元:良質なサイトとは?|Googleウェブマスター向け公式ブログ

このことからも解ると思いますが、ユーザー目線で書かれた記事かどうかという部分が、Googleが良質なサイトかどうかを判断する基準になっているということです。そして、検索結果で上位表示させることを狙って書かれたようなブログは良質なサイトと判断されない可能性が高くなります。

つまりアクセスアップのために書いた記事は上位表示されず、読者のために書いた記事はSEO評価が高くなって上位表示されるということです。

このことに関しては、私自身、これまで約4年間ブログ運営してきてとても実感していることです。

私自身、まだまだ有益な情報を提供できているとは思いませんが、そのことを意識して記事を書いてきた結果、それらの記事が徐々に徐々に上位表示されるようになってきて、今では、月間10万アクセスを超えるようになりました

この記事でお伝えするブログをアクセスアップさせるコツは、私が月間10万アクセスを超えるようになるまでに実践してきたことを、ブログ初心者の方でも実践できるように出来る限り簡潔にさせていただいた内容です。

 

読者にとって有益な情報を提供するためには?

では、上に挙げた、読者にとって有益な情報を提供するためにはどうすればいいでしょうか?私は、読者に有益な情報を提供するためには、以下のことが必要だと考えています。

  読者に有益な情報を提供するために必要な3つのこと

  1. キーワードを選定すること(誰に情報を発信するのかを決める)
  2. キーワードに対する読者ニーズを満たすこと(読者の欲求を満たす)
  3. キーワードに対して読者が求めている以上の情報を提供すること(読者を満足させる)

そして、この3つのことが、このブログタイトルにもなっている「アクセスアップさせる3つのコツ」でもあります。

 

ブログをアクセスアップさせる3つのコツ

冒頭で、アクセスが増えないことには原因があるとお伝えしましたが、その原因とは、キーワードを選定していないことです。

ブログのアクセスが伸び悩んでいる人のブログを拝見してみると、共通して感じることがあります。それは、誰に向けて書いた記事なのかが明確でない、または、その範囲が広すぎることです。

このことについては、私が過去に書いた記事にも言えることなのですが、キーワードの選定が明確でない記事はほとんど読まれていません。一方で、キーワードを詳細に設定して書いた記事は、多くの読者の方に読んでいただけています。

この差の一番の要因は、GoogleやYahoo!など(以下、「Google」に統一)の検索結果に表示されているかどうかです。

つまり、キーワードを選定して、そのキーワードに対する読者のニーズを満たす記事をアップし続けることで、ブログのSEO評価を高めることができて、Googleからのアクセスを集めることができるということです。

そして、私の個人的な経験なのですが、Googleの検索順位で上位表示される記事は、FacebookやTwitterなどSNSでも多くシェアされて、たくさんのアクセスを集めることができる傾向にあります。

その証拠に次の2つの画像を見てみてください。

この記事は、「人生 楽しみ方」というキーワードでGoogleの検索結果の1ページ目に表示された記事なのですが、同時に、FacebookやTwitterでもたくさんの方にシェアしていただくことができました。

個人的な感想ではありますが、Googleなどの検索サイトからアクセスを集める方法やSNSからアクセスを集める方法など、様々なアクセスアップの方法がある中で、私は、まずはGoogleで上位表示されるような記事を更新し続けることが一番の近道ですし、ブログ初心者にはとてもおすすめな方法だと思います。

では、ここからは、ブログアクセスアップさせる3つのコツについてお伝えしていきたいと思います。ブログ初心者の人向けに出来る限り簡潔な内容にまとめてみましたので、ぜひ一度読んで実践してみてください。

 

【コツ①】キーワードを選定する

キーワードを選定することは、読者に有益な情報を提供するためには必要不可欠なことです。なぜなら「誰に情報を提供するのか?」という部分が明確でなければ、どんな情報が読者にとって有益なのか解らないはずだからです。

そして、ブログ初心者の人がアクセスを集められるかどうかのカギとなるのが、キーワード選定です。

では、キーワードはどのように選定すればいいのでしょうか?キーワードを選定するときにブログ初心者が注目すべきポイントは、次の2つです。

  ブログ初心者がキーワード選定で注目すべきポイント

  1. 月間検索数が高いキーワード
  2. 難易度が低いキーワード

中々見つけることは至難の業だとは思いますが、月間検索数が多くて、かつ、キーワードの難易度が低い穴場キーワードを発掘してみてください。

一見「そんな都合の良いキーワードなんてあるの?!」と思うかもしれませんが、多くのブログ運営者が喉から手が出るほど欲しい穴場キーワードは、まだまだたくさんあるはずです。

では、月間検索数と難易度の基準についてお伝えしたいと思います。月間検索数と難易度は、ブログ初心者の人にとっては以下の数値を基準に探してみると良いと思います。

月間検索数 500~1000
キーワード難易度 20以下(難易度の数値は0~100となっています)

そして、月間検索数と難易度は、次のサイトで調べることができます。

 

【コツ②】キーワードに対する読者ニーズを満たすこと

読者ニーズを満たすためには、そのキーワードに対する読者のニーズを知る必要があります。では、どのようにして読者のニーズを調べればいいのでしょうか?ここでは、ブログ初心者におすすめの簡単な方法をお伝えしたいと思います。

  ブログ初心者におすすめ!読者ニーズが解る簡単な方法

  1. 選定したキーワードでGoogleで検索する
  2. 検索上位10記事(1ページ目)を読む
  3. どんな情報を提供しているのかをリサーチする

ブログ初心者にとって、キーワードに対する読者ニーズを知る一番簡単な方法は、Google検索結果の上位10記事の内容を読むことです

Googleは、少しでもネットユーザーの求める情報を検索結果に表示させるように、これまでに何度もアルゴリズムの変更を行って改善を繰り返してきました。

当然ながら、まだまだGoogleのアルゴリズムも完璧ではないはずですが、その精度は徐々に高くなってきていると思います。そして、今現在の中では、上位表示されている記事の内容が、Googleが判断する読者ニーズを満たす内容だということになります。

つまり、Googleで選定したキーワードで検索をして、上位10記事に表示されたページの内容を読むことで、キーワードに対する読者ニーズを知ることができるということです。

さらに、現状では、実は多くの場合、検索結果に表示される上位10記事にはほとんど同じ内容が書かれています。ですから、10記事に共通する内容を見つけることで、そのキーワードに対する読者ニーズを比較的簡単に発見することができるはずです。

そして、キーワードに対する読者ニーズを知ることができたら、あなたが記事を書く際にもその読者ニーズを満たす内容を書くようにしていきましょう。

 注意!

読者ニーズを満たす内容を記事にするときは、コピペしたり、すでに他のページで書かれている内容をそのまま書き写したりすることは止めましょう。

重複コンテンツとして、Googleからペナルティが課される可能性があります

あくまで、読者ニーズに対しては、あなた自身の言葉で、あなた独自の情報(独自でネットで調べた内容、経験談など)を提供するようにしてください。

 

【コツ③】読者が求めている以上の情報を提供する

次は、読者が求めている以上の情報を提供することです。では、どのようにすれば、読者が求めている以上の情報を提供することができるでしょうか。

このことについては、正直、ブログ初心者の人には難しいと感じる部分ではないかと思います。私自身もまだまだ足りない部分だと感じています。

しかし、ブログのアクセスを上げるためには、読者が求めている以上の情報を提供することは必要不可欠です。

では、なぜ、読者が求めている以上の情報を提供することが、アクセスアップのために必要不可欠なのでしょうか?

これは、私の個人的な考えではありますので、人それぞれアクセスアップについての考え方が違うと思うのですが、私にとってアクセスを上げるということは、リピーターを増やすということだと思うからです。

パレートの法則

パレートの法則という言葉は、有名ですから一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ちなみに、パレートの法則とは、以下のことです。

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。

(参照元:パレートの法則|Wikipedia

ビジネスでは、売上の8割は全顧客の2割が生み出している、というように使われていますね。

このパレートの法則がアクセスのことにも言えるかどうかは解りませんが、私のブログのアクセスの統計を見る限りでは、この法則が当てはまる部分があります。

どういうことかというと、ブログのアクセスが上がる時には、かならずリピーターの数も増えているということです。そして、そのリピーターの数は、全体のアクセスの2割の人たちとなっています。

このことから、私は、リピーターが増えることとアクセスアップは強く関係していると実感していますし、実際に、リピーターの多いブログはSEO評価が高くなる可能性がありますから、検索結果で上位表示されやすくなってアクセスアップに繋がっていきます。

読者が求めている以上の情報を提供するコツとは?

ではここから、ブログ初心者の人向けに比較的簡単にできるコツをお伝えしたいと思います。

読者が求めている以上の情報を提供するコツとは、選定したキーワードに対するターゲットを細かく絞っていくことです。

例えば、簡単な例で恐縮ですが、次のようにターゲットを絞っていくといいと思います。ここでは、「アクセスアップ 方法」というキーワードを選定した場合で考えてみたいと思います。

ターゲットを細かく絞る!簡単な例

例1)ブログ初心者をターゲットにしたアクセスアップ方法
例2)無料ブログユーザーをターゲットにしたアクセスアップ方法
例3)5年間ブログを運営し続けてきたけど、100アクセス以上集めたことがない人に向けたアクセスアップ方法
例4)少ないアクセス数で、大きな収益を上げたい人に向けたアクセスアップ方法
例5)ブログで化粧品の売りたい人のためのアクセスアップ方法

このように、ただアクセスアップさせる方法を記事にするのではなく、「なぜ、その読者はアクセスアップ方法を知りたいのか?」という、読者があなたのブログを訪問してきた背景をイメージして、その読者が抱えている悩みが解決できる方法を提供していくことで、ブログ初心者でも自然と読者が求めている以上の情報が提供できるようになっていきます。

 

まとめ

この記事では、ブログ初心者向けにアクセスアップの3つのコツについてお伝えしました。ブログを始めたけどどのようすればアクセスが集められるのか分からないという人にとって、この記事が少しでもブログ構築のためのお役に立てたら幸いです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください