三木聡監督とは?意外と知らない三木聡監督が手掛けた映画・ドラマ・TV番組

前回の記事で、先日に映画「音タコ」を観に行ったことを書きました。私は、「音タコ」を観るまでは三木聡監督の作品を一度も観たことがありませんでした。それだけでなく、三木聡という人の存在自体を始めて知りました。

しかし、「音タコ」をきっかけに三木聡監督について調べてみると、小さい頃から三木作品をよく見ていたことを知りました。

今回この記事では、私が三木聡監督について調べたことについて書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

三木聡監督とは?

Wikipediaには、三木聡監督について次のように記載されています。

日本の神奈川県横浜市出身の放送作家・映画監督・劇作家・舞台演出家である。

(参照元:Wikipedia

知っている人も多いかと思いますが、三木聡監督は映画だけでなく、テレビドラマや舞台演出などの仕事もされています。

三木聡監督が放送作家として手掛けた有名なテレビ番組には、「トリビアの泉」や「タモリ倶楽部」「ダウンタウンのごっつええ感じ」などがあります。ドラマ作品では、「時効警察」が有名なのではないでしょうか。

 

三木聡監督の作風は?

三木聡監督の作風は、Wikipediaでは次のように書かれています。

脱力系の笑いを交えた作風で、日常風景や登場人物たちの会話に小ネタを挟み独特な世界を演出する

(参照元:Wikipedia

「音タコ」も、まさにこのような作風でした。そして、ヒロインの吉岡里帆さんが映画「音タコ」についてのコメントで言っていましたが、本当に「大変な時もまぁいっか、明日頑張ればいいか」と思えてつい脱力してしまうような作風でした。

日々の疲れやストレスが溜まっていて、リラックスしたい気分転換したいと思う人にとって、三木聡監督の作品はかなり癒されると思います。

そして、日々の生活や毎日の仕事に追われて精神的な余裕を持てない人が多い今のの社会の中では、無くてはならない作風だと思います。

 

奥さんは「ふえせり」

三木聡の奥さんが「ふせえり」だということは、有名な話のようですが、私は今回三木聡監督について調べていて初めて知り、かなり衝撃を受けました。

三木聡監督の作品を何作も観ているという人に話を聞くと、三木作品には、かなり高い頻度で「ふせえり」が出演しているそうです。

このことは、奥さんだからよく出演しているということではなく、「ふせえり」は結婚する前から三木作品の常連だったそうです。

 

私が知らずに観ていた三木作品

三木聡監督について調べてみると、私が小さい頃に好きだったテレビ番組の中に三木作品がありました。それが、次のテレビ番組です。

かなり有名なテレビ番組だったので、一度は観たことがある人が多いのではないでしょうか。

【私が知らずに観ていた三木作品】

1 ダウンタウンのごっつええ感じ
2 笑う犬の冒険
3 トリビアの泉
4 時効警察

 

三木聡監督の作品にはどんな映画がある?

では、三木聡監督が手掛けた映画にはどんな映画があるでしょうか?三木聡監督の映画は全部で9作あるそうです。(2018年10月現在)

その9作が次の映画です。

1 シティーボーイズライブ短編映画「まぬけの殻」
2 イン・ザ・プール
3 亀は意外と速く泳ぐ
4 ダメジン
5 図鑑に載ってない虫
6 転々
7 インスタント沼
8 俺俺
9 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

中でも、三木聡監督で一番有名な映画は「俺俺」だそうです。

 

まとめ

今回は、映画「音タコ」とのつながりから、三木聡監督について記事にしてみました。

この記事でも書いたのですが、三木聡監督の作品は「大変な時もまぁいっか、明日頑張ればいいか」と自然と脱力できてしまうようなものばかりです。

日々の生活や毎日の仕事に疲れていたりストレスが溜まっていたりする人は、ぜひ一度三木作品を観てみてください。

気分がリラックスされたり肩の力が抜けたりすることで、今まで思いつきもしなかった解決策や突破口をヒラメクかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください