すぐに完了!WordPress5.0で旧エディターを使う方法!

WordPressのバージョンが5.0になり、使いにくいと感じていませんか?前のエディターの方が良かった!と思っていませんか?

新しいエディターになって、使いにくいために、記事を書くのに苦労したり更新頻度が低くなったりと、大きな影響を受けている人も少なくないと思います。

しかし、とても簡単な方法で、旧エディターの使用に変更することができます。

この記事では、WordPress5.0で旧エディターを使う方法についてお伝えしますので、前のエディターが使いたいと悩んでいる人にとって少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

WordPress5.0で旧エディターを使う方法

WordPress5.0が始まってから、ブロガーやアフィリエイターなど、ネットビジネスを実践している人の中で大きな話題になりましたね。

そして、使いにくい部分が結構あるという情報も一斉に広まっていきました。私自身も、実際に使ってみると、とても使いにくくて記事を書くどころではありませんでした。

そんな中、旧エディターを使う方法について調べていたところ、簡単な方法で旧エディターを使えるようにできることが解りました。

実は、WordPressのプラグインに「Classic Editor」というものがあり、それをインストールするだけで簡単に旧エディターに変更することができます。

実際に、変更後のエディターがこちらです。

 

以前とまったく同じエディターで記事が書けるようになりました。

ここからは、「Classic Editor」のインストール方法についてお伝えします。

 

プラグイン「Classic Editor」をインストールする方法

1.プラグイン⇒「新規追加」

 

2.「Classic Editor」と検索⇒「今すぐインストール」

 

3.プラグインを有効化

以上で完了です。記事の編集画面を開いてみてください。前のエディターが表示されているはずです。

 

まとめ

この記事では、WordPress5.0で旧エディターを使う方法についてお伝えしました。この記事が、新エディターになって使いにくいと悩んでいる人にとって、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください