今すぐ解決!404が出てWordPressにログインできないときの解決方法!

先日、急にWordPressにログインしようとしたら、「Not Found The requested URL /404-siteguard was not found on this server」の表示が出てログインできない状態になってしまいました。しかし、X2サーバーに問い合わせたところ、解決策を教えていただいてすぐにログインできるようになりました。

この記事では、その解決方法をお伝えしたいと思います。とても簡単ですので、今すぐ実行してみてください。この記事が、WordPressがログインできないで悩んでいる人にとって問題解決のお役に立てたら幸いです。

 

スポンサーリンク

WordPressにログインできない場合の解決方法

では、さっそく解決方法をお伝えしていきます。この方法なら10分もかからずに出来ると思いますので、今すぐに実行してみてください。

1.プラグイン「siteguard」を削除する

まずは、「siteguard」を削除してください。

ダッシュボードにログインできないため、削除するときは、お使いのサーバーのサイトのFTP、もしくは、フリーのFTPソフトを使用して削除を行ってください。

X2サーバーをお使いの人は、

「サーバー管理ツールにログイン」 ⇒ 「FTPアカウント設定」 でFTP機能を利用することができます。

そして、

「wp-content」 ⇒ 「plugins」内にあるsiteguardのフォルダを削除してください

私は、X2サーバーを利用していますので、X2サーバーのFTP機能を使って「siteguard」を削除しました。

 

2.「.htaccess」を編集する

もし上記の手順でsiteguradのフォルダを削除しても問題が解決されない場合は、「.htaccess」ファイルにsiteguardに関する記述が残ってしまっている可能性があります。

siteguradのフォルダを削除しても、.htaccessにsiteguardに関する記述が残っている場合は問題が解決されません

私の場合は、siteguardを削除しても問題が解決されませんでしたので、.htaccessからsiteguardに関する記述を削除することで問題を解決することができました。

「.htaccess」の編集は、以下のサイトが参考になりますので、解らない人は一度確認してから作業を行ってください。

.htaccessの編集手順は、こちらが参考になります!

では、どの記述を削除すればいいのか? このことについてはX2サーバーのサポートの方からどの記述を削除すればいいのかということも教えていただきましたので、紹介したいと思います。

削除するのは以下の記述です。(siteguard記述

以上で完了です。一度ログインできるかどうか確認してみてください。

 

WordPressにログインできなくなってしまった原因

siteguardのセキュリティ機能とwi-fiの交換

今回、404が出てログイン画面を開くことができなくなった原因は、「siteguard」の機能を使って、自宅のIPアドレス以外からログインできないセキュリティ設定を行っていたことと、自宅の無線ルーターを交換したことでした。

wi-fiを変えたことでIPアドレスが変わってしまったことで、siteguradのセキュリティ機能が作動してログインできなくなってしまったということでした。

今回の問題が起こったことで記事の編集ができずに冷や汗をかきましたが、siteguardのセキュリティ機能がしっかりと働いているということが確認できたことはとても良かったと思います。

 

まとめ

今回は、WordPressにログインしようとしたら、404が出てログインできなくなった時の解決方法をお伝えしました。この記事が、私と同じようにWordPressにログインできなくなってしまった人にとってお役に立てたら嬉しいです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください