アムウェイってやばいんじゃないの?!そう思う人は一度読んでみてください!

アムウェイが批判されてしまう原因は、ディストリビューターにあります。それは、当然のことだと思うのですが、アムウェイを始めるまではその具体的な原因が解らずにいました。しかし、実際にアムウェイの人たちと関わっていくことでその原因に気づくことができました。今回は、このことについて私が感じたことを書かせていただきたいと思います。

人それぞれ意見があると思いますので、あくまで、一意見として読んでいただけると幸いです。そして、この記事がこれからアムウェイを始めようとしている人にとって何かの参考となれば嬉しいと思います。

 

スポンサーリンク

アムウェイの基本理念

アムウェイの基本理念は、You First, Me Secondです。これを日本語に直すと「利他」と言うのだと思います。しかし、アムウェイを実際に始めてから、このアムウェイの基本理念を忠実に実行できている人はほとんどいないのではないかと思うようになりました。

私は、アムウェイを始める前から、アムウェイ以上に優れたビジネスモデルはないと思っていましたし、それは今も変わりません。しかし、そんな素晴らしいアムウェイが、なぜこれほどまでに多くの人に批判されてしまっているのかということを実際にアムウェイを始めて確信しました。

 

アムウェイってやばい!と思われてしまう原因

冒頭でもお伝えしましたが、アムウェイが批判されてしまう原因はディストリビューターにあると私は思っています。では、ディストリビューターのどんなことが原因なのでしょうか?ここでは、アムウェイってやばいんじゃないの?!と思っている人に向けて、ディストリビューターの実態について書いてみたいと思います。

自分本位の利他

アムウェイのディストリビューターの多くがやってしまっていることが、自分本位の利他だということに気づきました。

先ほど、アムウェイの基本理念はYou First, Me Secondだとお伝えしました。そして、その基本理念を忠実に実行している人はほとんどいないとお伝えしました。

しかし、だからと言って多くの人が自己利益目的でアムウェイをやろうとしている訳ではありません。ただ、You First, Me Secondを実行しようと努力しているけど、なかなかうまく行かない人がたくさんいるのが事実です。

つまり、人のためにと思ってやったことが、自分本位の利他になってしまっている人が多いということです。

例えば、アムウェイ製品の質が良いからと強引に勧める人がいます。

アムウェイの製品は本当に質の高いモノばかりで、買わなくてもいいから使って欲しい!と思ってしまうような製品がたくさんあります。ネット上でもアムウェイ製品についての評価はかなり高いのでこのことには納得できるのではないでしょうか。

しかし、商品の質が良すぎるしそれを実感しているがために、自分以外の人にも使ってもらいたいし、それがその人のためになると勘違いしてしまっているディストリビューターが少なくないのは事実です。

ビジネスモデルについても、本当に素晴らしくて、アムウェイでは世の中ではほとんどの人が稼ぐことのできない年収1000万円以上の収入を得ている人は信じられないほどたくさんいます。しかも、その人たちは、特別な成功者ではなく、一般企業に勤めているサラリーマンやOLと変わらない人たちばかりです。

そのように、特別な成功者ではなくても、成功者のようなライフスタイル、もっと言えば、成功者以上のライフスタイルを手に入れることができるということがアムウェイビジネスの素晴らしいところの一つだと思います。

しかし、アムウェイビジネスの素晴らしさを心の底から実感しているからこそ、アムウェイビジネスが一番だと思ったり、アムウェイの良さが解らない人はダメだと決めつけたりする人も中にはいます。これが、アムウェイが宗教だと言われてしまう原因の一つでもあります。

このようにアムウェイビジネスの凄さを実感しているからこそ、アムウェイビジネスを伝えることが相手のためになると思い込んでしまい、相手が拒否しているにも関わらず強引に口説こうとしてしまう人が少なくありません。

この自分本位の利他は、自分は人のためにやっていると思ってしまっているために、中々自分では気づけないことなのではないかと思います。

 

他人より自分が優先。Me first, You second.

ここまでは、自分本位の利他をしてしまっている人が少なくないということをお伝えしましたが、やはり、ディストリビューターの中には自分の成功のためにアムウェイをやってしまっているという人もとても多いと感じています。

例えば、アムウェイのミーティングに行って話を聞いても、You First, Me Second.ではなく、Me First, You Second.の発言をしている人はとてもたくさんいます。

「自分が成功するから人を成功させることができる」
「早く自分が成功すれば、それだけ早く他の人も成功させることができる」
「早く自分も成功して、他の人の成功を手伝えるようになりたいです」

このように、自己利益目的でアムウェイをやっている人がスポンサリング活動を行ってしまうと、アムウェイが詐欺だとかねずみ講だとか、アムウェイは利用されると思われたりしても仕方のないことだと思えてしまいます。

※ピンレベル・・・売上実績に応じて決められるアムウェイでのランク。ピンレベルが高ければ高いほど支払われるボーナスが高くなります。

 

人間関係の上にアムウェイが成り立つ!

私は、アムウェイで色んな方たちのお話を聞く中で、アムウェイで成功する人たちとうまく行かない人たちでは、重要視していることがまったく違うということが解りました。

アムウェイで成功者と呼ばれる人たちの周りには、その人を慕う人たちがたくさんいます。しかし、アムウェイでうまく行かない人たちの周りには、その人を批判する人たちがたくさんいます。

では、この違いはどこから生まれるのでしょうか? それは、人間関係を重要視しているかどうかです。

私は、アムウェイの最高ピンレベルであるファウンダース・クラウン・アンバサダー(FCA)の方に直接言われたある言葉が忘れられません。

それは、「人間関係の上にアムウェイが成り立つ」という言葉です。

アムウェイでよくある話なのですが、数年連絡を取っていなかった人をご飯に誘って、急にアムウェイの勧誘をしてしまい、友人関係が崩れてしまったと悩んでいる人は少なくありません。そして、酷い人だとそれをアムウェイのせいにします。

しかし、普通に考えてみると当然のことですよね? もし私が勧誘を受けた友人の立場なら100%不快な思いをすると思いますし、自分を利用しようと思って会いに来たんだなと思ってしまうと思います。

しかし、もし、普段から交流があってよく遊んだりご飯食べたりする友人から、「アムウェイ始めたから協力してくれない?」と言われたらどうでしょうか? 私なら、その人のためなら協力してもいいかなと思いますし、もしやらないにしても人間関係が崩れることはないと思います。

先ほどもお伝えしましたが、アムウェイ成功者の周りにはその人を慕う人たちが集まって、アムウェイでうまく行かない人たちの周りにはその人を批判する人たちが集まります。

その大きな違いは、人間関係を重要視しているかどうかだと私は思います。

よく世間的にはアムウェイで成功している人ほど批判的に思われがちですが、実は、アムウェイで成功している人ほど交友関係も広く、周囲の人から信頼されている人なのです。

 

まとめ

この記事では、アムウェイが批判される理由について私が実際に感じたことを書いてみました。この記事が、アムウェイってやばいんじゃないの?と思っている人にとって少しでも参考になったら嬉しいと思います。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください