本当は教えたくない!下がりかけた検索順位を取り戻すマル秘テクニック

検索順位が下がって悩んでいないでしょうか?どんなキーワードでもある程度上位表示され続けていたり、作成してから長い時間が経過した記事だったりする場合、いずれ順位変動の影響を受け下がってしまうことがあります。しかし、そんな時は、この記事で紹介する方法を実践することで対処できる可能性があります。この記事が検索順位が下がってしまって悩んでいる人にとって少しでも検索順位を上げるお役に立てたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

検索順位を再び取り戻すマル秘テクニック

この記事で紹介する方法は、とてもシンプルですぐにでも実践できる方法です。実践することは、二つです。

  1. リライト
  2. SNSでシェア

たったこの二つを実践するだけで、元の検索順位を取り戻せる可能性が高くなります。

 

1.リライト

一つ目は記事をリライトすることです。なぜリライトするのかというと、リライトすることで二つのメリットがあるからです。

一つは、コンテンツの質が高くなる。記事のおかしな部分や足りないと感じる情報を加筆修正していくことで、記事の質を上げていくことができます。Googleのアルゴリズムでは、低品質なコンテンツの検索順位を下げて良質なコンテンツが上位表示されるようになっていますから(以下参照)、良質なコンテンツに仕上げていくことで検索順位を下げることを防げる可能性があります。

先日、日本語でも実施したアルゴリズム変更、Panda アップデート は、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。

(参照元:良質なサイトを作るためのアドバイス|Googleウェブマスター向け公式ブログ

そして、二つ目は、記事を更新することでクローラーの巡回を促すことができることです。ブログの更新頻度が低ければクローラーの更新頻度も少なくなりますし、まったく更新しなければクローラが巡回しなくなっていきます。

Googleはクローラーの巡回頻度は、検索順位に影響しないと言っていますが、やはり私自身の経験から考えると影響しているように感じます。良質なコンテンツという部分で考えても、更新頻度の高いブログか更新が全くないブログかだったら、やはり更新頻度の高いブログの方が良質なコンテンツとして評価されるように感じますよね。

そして、これは私自身が勝手に感じていることなのですが、検索順位が下がったときは、その記事の質をより高いものにするチャンスでもあると思いますので、リライトすることはかなりおススメの方法です。

 

SNSでシェア

二つ目は、SNSでシェアすることです。なぜ、SNSでシェアすると良いのかというと、これについてもメリットが二つあります。

一つ目のメリットは、被リンクが多い記事は、SEO評価が高くなる傾向があることです。

被リンクとは、簡単にお伝えすると、自分のサイトのリンクが他者のサイトに貼り付けられることです。自分以外のサイトにリンクが貼り付けられているということは、多くの人から評価をされているサイトだとみなされる傾向にあり、SEO評価が高くなる可能性があるということです。

そして、二つ目のメリットは、ツイッター、フェイスブックやはてブなどSNSからのアクセスは、良質な被リンクとして評価が高くなる傾向にあることです。これは私の経験なのですが、はてブとツイッターからのアクセスがより評価が高くなるように感じています。

SNSへの被リンクは、自分で記事上部のはてブ、ツイート、シェアのボタンをクリックするだけで簡単にできますから、早速やってみてください。

実際に、この記事でお伝えした方法を実践することで、下がりかけた検索順位を再び上げることができたキーワードがいくつもあります。例えば、「人生がうまくいかない」というキーワードが、以前は10位まで下がってしまいましたが、今では2位まで上げることができました。

今回お伝えした方法は、SEO的に必ず高くなると立証されている方法ではありませんが、私自身の個人的な経験からかなり高い効果を感じている方法ですし、すぐに実践できる方法でもあります。ですから、もし検索順位が下がって悩んでいる場合、ぜひ一度試してみてください。

 

まとめ

この記事では、下がりかけた検索順位を取り戻すマル秘テクニックについてお伝えしました。この記事が、検索順位が下がってしまって悩んでいる人にとって少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください