「運が悪い」と答えた人は、どんなに学歴や面接が良くても即不採用。

この記事タイトルは、現パナソニックの創設者松下幸之助の有名な話です。私は、この言葉の中だけで、どれだけ成功者がを重要視しているのかということが集約されていると思います。実は、成功者ほど運を重要視しているのです。今回この記事では、運について書いてみたいと思いますので、叶えたい夢があるのに、叶えられずに悩んでいる人にとって夢を叶えるきっかけになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

あなたは運がいいですか?

「あなたはがいいですか?」この質問は、松下幸之助が面接の最後に必ず聞くことだったそうです。そして、「自分は運が悪いです」と答えた人は、どんなに学歴や面接結果が良くても即不採用にしたそうです。

 

ある面白い実験

イギリスの心理学者リチャード・ワイズマンがある面白い実験を行いました。それは、自分は運が良いと思っている人と悪いと思っている人を集めて、その人たちが喫茶店の前に落ちている5ポンド札に気づくのか、そして、喫茶店に入った後にどんな行動を取るかを調べる実験でした。

結果はどうなったかというと、自分は運が良いと思っている人たちは5ポンド札に気づきました。そして、喫茶店の中に入ると「実業家」の席の横に座り、自己紹介をし、コーヒーをご馳走して会話をはじめたそうです。一方で自分は運が悪いと思っている人は、5ポンド札には気づかず、喫茶店の中に入って「実業家」の横に座っても、話しかけることはありませんでした。

そして、実験後に、両者に今日の午前中に何か良いことがあったか?と質問をしたところ、運が良いと思っている人は、5ポンド札のことや「実業家」との出会いなどのことを楽しそうに話したそうです。一方で、運が悪いと思っている人は、特に何もなかったと無表情で答えたそうです。

私は、初めてこの実験の内容を知ったとき、この実験の中に運が良い人と悪い人に起こる出来事が集約されているように感じました。

同じ出来事を経験しても、自分のことを運が良いと思っている人と運が悪いと思っている人では、結果がまったく違うということです。そして、その人の運が良いか悪いかは、ただその人の心の持ちようだということです。

 

運:実力の割合とは?

あなたは、こんな話を知っているでしょうか?成功する人の運:実力の割合です。実は、この質問の答えを当てられる人はなかなかいません。

あなたは、どう思いますか? 4:6? 5:5? 3:7?

答えは、運:実力=8.5:1.5です。

実は、成功のほとんどは運なのです。そして、一般的なビジネスよりも、さらに運の割合が多くを占めているビジネスを知っているでしょうか?それがネットワークビジネスだと言われています。

ネットワークビジネスの場合は?

ネットワークビジネスの場合は、運:実力=9:1となるそうです。ほとんど、運ですね。

しかし、うまく行かない人の多くは、うまく行かない時期が続くとこう思うようになっていきます。「自分には無理だ」「ネットワークをやる人はいない」と。

一方で、ネットワークビジネスで成功した人たちは、こう言います。「ネットワークは誰でもできるビジネス」「街で出会った人に声かけてみたら、やりたいっていう人は意外とたくさんいるよ」と。

このうまく行かない人たちと成功者の違いは何でしょうか?なぜ、うまく行かない人たちの周りには、ネットワークをやる人がいないのに、成功者の周りにはネットワークをやりたいという人がたくさんいるのでしょうか?

その一番の違いが、運ではないでしょうか。先ほどお伝えした面白い実験でもそうでしたが、同じ出来事を経験しても、運が良い人と運が悪い人では、結果が大きく変わってきます。

成功者ほど運を重要視している

あるYouTubeの動画の中で、アムウェイの成功者北紺CA(クラウンアンバサダー)が人生に必要なことについて語っている動画があります。その中で北紺CAは、人生で大切にしていることとして「人生のあいうえお」について伝えています。

あ・・・愛
い・・・今
う・・・運
え・・・縁

お・・・恩

人生で大切にしていることの中に「運」が入っていることがわかると思います。アムウェイのCAは、アムウェイの中での成功者というだけでなく、億万長者でもありますから、それぐらい成功されている人が大事にしていることの中には必ず運が入っているのです。

その動画が気になる方は、下記をクリックしていただくと観ることができます。

 

 

運気を上げる方法

運気を上げる方法は、私は2つあると考えています。

運気を上げる方法1

ひとつは、面白い実験でもお伝えしましたが、自分は運が良いと思うことです。

コンビニでふと運について書かれた本が気になったので手に取って読んでみました。そこには、運が良い人は、自分のことを運が良いと思っている人だということが書かれていました。

どんなことが起こっても「自分は運が良い」と思える人は、どんどん運気が上がっていくそうです。

例えば、あなたが財布を落としたとします。そんな時多くの人は、「運が悪い!」「最悪だ!」と思うのではないでしょうか。しかし、運が良い人は、そんな時でも運が良いと自分に言い聞かせるそうです。

確かに、客観的にみれば財布を落とすなんて運が悪いように思えますが、そういう時こそ、自分は運が良いと言い聞かせることで運の良い出来事を引き寄せることができるそうです。

運気を上げる方法2

ふたつ目は、運が良い人の近くにいることです。

ひとつ目の方法にも繋がりますが、運が良い人は、どんな思考をしているのか?普段どんな感情でいるのか?どんな精神を持っているのか?運が良い人にはどんな出来事が起こるのか?運が良い人の近くにいることで、この部分を体験して感じることができます。

そして、実は、運が良い人たちのほとんどが、その人たちのメンターまたは師匠や恩人となる人がいるのです。例えば、先ほどアムウェイの成功者として紹介した北紺CAは、中島薫DCA(ダブルクラウンアンバサダー)という人に成功者まで引き上げてもらっています。

このように運が良い人の近くには、必ず運が良い人がいるということです。

 

まとめ

この記事では、人生で成功している人ほど運を重要視しているということについてお伝えしました。現在叶えたい夢があるのに叶えられずに悩んでいる人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください