映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」を観に行きました!太宰治の人間性に魅了されてしまいました!

先日、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(以下、「人間失格」と記載)を観に行きました。この映画を観て、私は、太宰治の人間性に魅了され、なぜ太宰治の小説がベストセラーとなるまで大ヒットしたのかという秘密を知ることができました。私事で大変恐縮ですが、本日は、映画「人間失格」を観た感想について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

映画「人間失格」とは?

映画「人間失格」は、2019年9月13日に公開された、写真家の蜷川実花が監督を務めた映画で、太宰治死の直前に完成させたベストセラー小説「人間失格」の誕生秘話を描いた映画です。

小説「人間失格」は、累計1200万部以上を売り上げ、”世界で最も売れている日本の小説”言われているそうです。

私は、恥ずかしながら、「人間失格」を一度も読んだことがありませんでしたが、この映画をきっかけに読まずにはいられなくなりました。

あらすじ

映画「人間失格」のあらすじについては、Yahoo映画に書かれていたあらすじが一番解りやすいと思いますので、Yahoo映画より参照させていただきます。

ベストセラーを連発する人気作家の太宰治(小栗旬)は、妻子がいながら作家志望の弟子・太田静子(沢尻エリカ)、夫を亡くした山崎富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち、さらに自殺未遂を繰り返すという型破りな生活を送っていた。そして太宰は、二人の愛人から子供がほしいと迫られる中、夫の才能を信じる妻・美知子(宮沢りえ)に支えられ、「人間に失格した男」をめぐる新作の執筆に取り掛かる。

(参照元:Yahoo映画

 

キャスト

太宰治役:小栗旬

太宰治の正妻 津島美知子役:宮沢りえ

太宰治の愛人で弟子 太田静子役:沢尻エリカ

太宰治の愛人で最後の女 山崎富栄役:二階堂ふみ

太宰治を崇拝する若手編集者 佐倉潤一役:成田凌

太田静子の弟役:千葉雄大

太宰の親友であり作家 伊馬春部役:瀬戸康史

太宰治を批判する若手作家 三島由紀夫役:高良健吾

太宰と同士で破天荒な作家 坂口安吾役:藤原竜也

 

小説は、太宰治の人生そのもの

私は、太宰治という人物について何も知りませんでした。学校の授業で名前が出てきたことぐらいしか覚えていませんでした。

しかし、今回、映画「人間失格」を観て、太宰治は人生のすべてをかけて小説を書いた人だということを知りました。

「ヴィヨンの妻」は、太宰治の正妻の津島美知子がモデルになっていたとされていたり、「斜陽」は太宰治の愛人だった太田静子がモデルになっていたとされているなど、太宰治が書いた小説は、太宰治の人生での経験を基に書かれています。

そして、映画のタイトルにもなっている「人間失格」という小説は、太宰治の人生の集大成そのものでした。どういうことかというと、太宰治自身が不倫によって、一番大切で壊したくなかった家族を崩壊させることによって完成された、人間失格の人生そのものが書かれた小説だということです。

つまり、小説のタイトルとなっている人間失格とは、太宰治自身のことを指しています。そして、太宰治自身が人間失格の人生を完結させたことで生み出された小説なのです。

太宰治は人間失格を完成させて間もなく、不倫相手3人のうちの一人二階堂ふみ演じる山崎富栄と一緒に自殺をしています。

 

太宰治の人間性が、小説をベストセラーに導いた

映画でも描かれていましたが、太宰治の周りには、仲間や同士、太宰治を慕う人などがたくさんいました。

先の項のように、太宰治の人生についてお伝えすると、太宰治は不倫をしていて家族を壊す最低な人間だと思われる人もいるかもしれません。

確かにその一面があることも事実だと思います。

しかし、それ以上に、結核になり血を吐き死にそうになりながらも、不倫を繰り返し、家族を壊し、最後の小説「人間失格」を完結させた太宰治の人生や人間性は、芸術そのものだと感じました。

事実、人として最低な太宰治が書き上げた「人間失格」、多くの人を魅了し、”世界で最も売れた日本の小説”だと言われています。

私は、今回観た映画をきっかけに、小説「人間失格」を絶対に読まなければと思ったのですが、そう思わされたのは太宰治の人間性に魅了されたからです。

そして、魅了されたと同時に、太宰治の作品がこれほどまでに多くの人に読まれたのは、それだけ多くの人が太宰治の人間性に魅了されたからだと感じました。

つまり、私が映画で太宰治を観て小説を読みたいと思わされたように、太宰治が生きていた当時の人たちも、同じように太宰治の人間性に魅了されていたからこそ、太宰治が書く小説は多くの人に読まれたのだと思いました。

そして、太宰治の人間性もすごいのですが、それをたったの3時間ほどの映画の中で表現した蜷川実花監督のすごさも実感しました。

映画の映像も、写真家蜷川実花ならではの映像も多く、太宰治の不倫を描いた映画なのですが、それに反しすごく芸術的な映像が多く、この映画自体が芸術だと言っても過言ではないほど美しい映画だと感じました。

ネット上でこの映画の評価を見てみると、5つ星中2.3~3.4と低い評価になっているのですが、ぜひ一度は観ておいた方が良い映画です。

 

まとめ

今回は、私事で大変恐縮なのですが、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」を観に行った感想を記事にさせていただきました。この映画を観ようか迷っている人にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください