意外と知らないブログSEO!実は、画像もSEO評価に影響を与えているんです!

      2017/10/29

あなたは、ブログ内の画像またはアイキャッチ画像の素材はどこからダウンロードしていますか?Googleのフリー画像を使っているという人がほとんどではないかと思います。しかし、実は、Googleのフリー画像から素材をダウンロードしてブログに使うことは、SEO的にあまり良いとは言えないんです。それは一体なぜでしょう?

この記事では、多くの人が意外と知らないSEO対策として、画像ブログSEO評価に影響を与えているということについてお伝えしたいと思います。

 

Googleは画像を詳細かつ正確に判断できる!

Googleは画像を認識して、それがどんな画像なのかを読み取ることができます。では、Googleは画像からどのような情報を読み取ることができるのでしょう?

画像内の文字
画像に映っている人の表情
画像内で行われている行為や速度
ポジティブ画像かネガティブ画像か

信じられないかもしれませんが、Googleはこれらの情報をすべて言語化してその画像の情報を認識することができるということです。例えば、これから紹介する画像を見てみてください。これから紹介する画像はすべて、Googleが提供しているGoogle Cloud Vision APIを使って画像認識を行った結果の画像です。

ちなみに、Google Cloud Vision APIが一体何なのかを知らない人はこちらが参考になると思います。

Vision API – 画像コンテンツ分析 | Google Cloud Platform

簡単に言うと、Google Cloud Vision APIとは、画像に含まれた情報を読み取って分析できる機能を持ったプログラムだということです。

画像内の文字

(画像参照元:INTERNET Watch)

上の画像の青い□で囲ってある部分が、画像の情報を言語化して検出したものです。画像内の文字と同じ文字が検出されているのが解りますね。

 

画像に映っている人の表情/ポジティブ画像かネガティブ画像か

(画像参照元:Google Cloud Platform Japan Blog)

上の画像を見ると、女性の表情を認証した結果が「”joyLikelihood”(喜びの可能性):”VERY_LIKELY”(非常に可能性が高い)」となっています。このように画像内に映っている人の表情を読み取ることができるようです。

 

画像内で行われている行為や速度

(画像参照元:Google Cloud Platform Japan Blog)

この画像からは、running、marathonという情報が検出されていて、画像内の行為が正確に読み取られていることが解りますね。さらにもう一つ、次の画像を見てみてください。

この画像では、”Canoe slalom”(カヌースラローム)という写真の男性が行っている競技名が検出されているだけでなく、”rapid”(速い)という速度に関する情報までもが検出されているのが解ります。

 

意外と知らないブログSEO!画像もオリジナリティが重要!

Googleが画像の情報を詳細かつ正確に検出することができるということは、普段何気なく行っているブログ画像選びもGoogleからのSEO評価を左右する重要な要素の一つだということが解ると思います。

SEO評価を高める画像選びの方法としては、

  • 記事の内容と関連性のある画像を選ぶこと
  • (記事内に複数の画像を入れる場合は)記事のテーマに沿って一貫性のある画像を選ぶこと

など方法は複数ありますが、今回この記事ではオリジナリティという観点に絞って画像選びの重要性について考えていきたいと思います。

現在では、Googleのアルゴリズムの変更に伴いコンテンツのオリジナル性が重要視されるようになってきました。その証拠に、以下のようにGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)ではオリジナリティのあるコンテンツを作成することを推奨しています。

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。

(参照元:アフィリエイトプログラム|Search Consoleヘルプ

そして、オリジナル性が低いと判断されたコンテンツの検索順位は低くなる可能性が高く、他のブログの記事をコピペした記事やかなり類似している記事は重複コンテンツとしてペナルティを受ける可能性もあります。

このように、現在ブログを運営していく上ではオリジナル性はかなり重要な要素になっています。そして、あまり意識している人は少ないかもしれませんが、記事内に使われている画像もコンテンツの一部としてみなされているんです。

つまり、ブログのSEO対策をする上で画像のオリジナル性も重要だということです。

 

簡単ブログSEO対策!Googleのフリー画像を使わない

冒頭でもお伝えしましたが、Googleのフリー画像を使うことはSEO的にあまり良いとは言えないでしょう。なぜなら、この記事でお伝えしてきましたが、Googleは画像内の文字や人の表情、さらには映っている行為やその速度の情報までも検出できるなど、画像の情報を詳細かつ正確に読み取ることができるからです。

そして、Googleで「フリー画像」と検索して表示される画像は、既に誰かがサイトまたはブログで使用している画像ですから、Googleのフリー画像を使用すれば、その画像がオリジナルのものでないことは容易に判断されてしまうでしょう。つまり、Googleのフリー画像を使用することでオリジナル性に対する評価が低くなってしまう可能性があるということです。

ですから、まず簡単にできるブログSEO対策としては、Googleのフリー画像を使わないということです。では、どのような画像を使えばいいのでしょう。それは、次のような画像です。

有料の画像
自分で撮影した画像
他のブログと重複していない画像

しかし、なかなか有料の画像に手を出しにくく、できれば無料の画像を使いたいと思う人もいるでしょう。そんな人のために、今回は、他のブログと重複しにくいフリー画像が手に入れられるサイトを4つ紹介したいと思います。

 

重複しにくいフリー画像が手に入るおすすめサイト4選

これからお伝えする4サイトがおすすめの理由は、次の3つです。

  1. 画像のクオリティが高い
  2. 画像の数が多いため重複する可能性が低い
  3. ブログ運営者でこの4サイトを使っている人はそれほど多くない
    (あくまで個人的な感想です)

 

これからお伝えするサイトは、著作権フリーの写真や動画が共有されているコミュニティサイトです。掲載されている写真や動画は、実際にユーザーが撮影したものが投稿されているので、Googleのフリー画像のようにすでに誰かが自身のサイトやブログで使っているものではありません。

画像のクオリティも高いですし数も多いため、とても気に入っていて私自身よく利用しているサイトです。

そして、実際に利用していて、これまでに他のブログと重複したということは少ないですし、SEO評価的にも問題ないと感じていますので、もしブログの画像は出来る限りフリー画像を使いたいと考えているなら、これからお伝えする4サイトがとても役に立つのではないかと思います。

 

1.Pixabay

https://pixabay.com/

 

2.Unsplash

https://unsplash.com/

 

3.Pexels

https://www.pexels.com/

 

4.STOCK UP

https://www.sitebuilderreport.com/stock-up

 

 

まとめ

以上が、意外と知らないブログSEOについてでした。記事に対してSEO対策をする人は多いと思いますが、画像に対してSEO対策する人は少ないように感じます。たとえ画像がSEO評価に影響すると知っていたとしても、なかなか重要視できなかったり、面倒くさいと感じて妥協してしまったりしている人も多いかと思います。

しかし、ブログのオリジナル性を高めるためにも画像も重要な要素の一つですから、もし少しでもSEO評価を高くしたいと考えるなら画像選びも重要視していくことをおすすめします。

 

 

 - SEO対策