スポンサリングのコツと最低必要な3つの条件!もう悩まない!

ネットワークビジネスでのスポンサリンング、困っていませんか?ネットワークビジネスに参加している人の一番の悩みは、このスポンサリングでしょう。この記事ではなぜ、あなたがスポンサリングができないのか?そして、スポンサリングのコツ!最低限身に付けなければならないことを書いてみました。この記事があなたのスポンサリングのために役に立つことができれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサリングを成功させるための3つの条件

1、トレーニング

2、知識と経験

3、相手に欲しいと思わせる力

実はネットワークビジネスで、スポンサリングがうまく行かないと思っている人は、初心者で知識や経験が足りない人たちが、ほとんどを占めています。そうでない人もいますが、スポンサリングができない人の問題点は、この初心者が持っている問題と一致することがほとんどです。

今回はこのネットワークでスポンサリングがなぜできないのかを、

3つの項目に分けてお話していきます。

1、トレーニング

もしあなたが美容師として、仕事をしようとした場合を考えてみましょう。今日から美容師として仕事をすることを決意しました。この場合、あなたなら、まず何をするでしょうか?いきなり、美容としての仕事をする人は、ほとんどいないと思います。

では、あなたなら。まず一番最初に何をするでしょう?

多くの人は、美容師学校に入って勉強することではないでしょうか、そして基本的な知識と技術を最低限身に着けようとしますよね?美容師になろうとした場合、これは最低な条件で誰で、誰もが知っていることなののですが、なぜかネットワークビジネスでは、この段階を端折って、すぐにビジネスを開始してしまう人たちがいます。というよりほとんどの人がやってしまう一つのミスです。

スポンサリングが、うまく行かない原因のほとんどが、この段階を端折ってしまうことです。

例えば、ネットワークビジネスでよく出てくる、まるで攻撃のような質問がありますよね。

この攻撃のような質問に、あなたは相手を納得させられレベルで、答えることができるでしょうか?

ねずみ講でしょ?

友達無くすんじゃないの?

人を利用してお金儲けをするんでしょ?

この3つの質問はネットワークビジネスをやっていると、必ず遭遇することです。この質問に相手が納得するレベルで、答えられることができなければ、今の段階でスポンサリング活動をしても、無駄に時間を費やすだけになります。そして大切なリストを減らすだけになってしまいますよね?

まず一番初めにこの「ねずみ講でしょ?」という質問に答えられるようにしましょう。

答えには、幾通りもありますが、ふたつだけ例をここに挙げておきます。

答えの例:ねずみ講は違法だということ知っていますか?

もし○○(あなたが所属しているネットワークビジネス)がねずみ講なら、

法的に罰せられていて、今はもう存続さえしていないはずですよ。

法的に罰せられていない、ねずみ講なんてあるんでしょうか?

と逆に質問してみましょう!答えられなくなるはずです。

もしくは、私はねずみ講についてよく知らいので、詳しく解説してもらえませんか?

と尋ねてみてはいかがでしょう?

トレーニングはこのー他にもたくさんあります。製品を知ること。会話術。人を惹きつける方法等、数え挙げればきりがないほどあります。

その中からこれだけは最低限必要だなという自分が納得いくレベルのトレーニングは積んでおきましょう!

2、知識と経験

トレーニングによって基礎的なことが身に着いてきたら、次にそれを常に深めていくことです。イチロー選手を観ていると感じることは、あんなにすごい選手なのに常に、トレーニングを怠らないばかりか、他人の何倍もトレーニングを積んでいるということです。

これはマスコミなどで有名な話ですよね。

あの偉大なイチロー選手でさえ、常にトレーニングによって、手に入れているものがあります。そうです。知識と経験です。トレーニングをするたびに、新たな発見があり、肉体もそのためにより自然に動くようになっていきますね?

あなたの所属しているビジネスにも、あなたが憧れている、人が数人いると思います。その人たちは非常に人格が高く、魅力的な人たちだと感じることでしょう。でもその人たちは、そのネットワークビジネスを始める前から、今のような人格や魅力を持っていたのでしょうか?

最初からある程度の人格があったかもしれませんが、今のような圧倒的な魅力があったわけではないはずですよね?その魅力はトレーニングによって得られた知識と経験から自然ににじみ出てきたものです。

こうなれば、もうスポンサリングで悩む必要はなくなります。そのために必要なのは、ビジネスを始める前にやったトレーニングを、ビジネスを始めてからも、継続していくことによって、より強化して知識と経験を積んでいくことです。

3、相手に欲しいと思わせる力

ネットワークビジネスはどんな業種のビジネスなのか?何を実践しているのか?これを知らない人が大勢います。

ネットワークビジネスはマーケティングのビジネスです。マーケティングって何?という人は、まずマーケティングを学びましょう?ネットワークビジネスの別の呼び方に、マルチレベルマーティングという名称があります。

最後にマーケティングという文字がありますね?マルチレベルというマーケティングのビジネスだということです。これ私があえて言う必要はありませんね?

知っているはずなのに、知らない情報ですね。このマーケティングの意味を理解して、これを実践すれば、スポンサリングでもう悩むことはありません。マーケティングを学んでそれを身に着けること。これこそがスポンサリングの究極のコツだと言えるでしょう!

あなたはマーケティングの種類をいくつ言えるでしょう?いくつ知っているでしょうか?そんな人は、

マーケティングの手始めに、ダイレクトレスポンスマーケティングを勉強して見てはいかがでしょう?マーケティングの醍醐味、面白さが体験できると思います。

フォードがやったこと

フォードはマーケティングで、大成功を収めた歴史に残る人です。フォードがやったことは、当時は高根の花であって、庶民では到底手の届かなかった自動車を、ベルトコンベアによる流れ作業という大量生産の方法を生み出しました。

大量生産によって制作のコスト、部品のコストを最低限に抑えることに成功しました。それによってもたらされたことは、自動車という製品そのものの大きな値下げです。当時超大金持ちしか買えなかった、自動車を庶民でも買えるレベルにまで自動車の代金を低くすることに成功しました。これによってアメリカは一気に自動車ブームになります。

自動車社会へと突入することになって今では、人々の生活に密着していて自動車は切り離せない存在になっていますね。そして世界のほとんどの自動車メーカーではこのフォードが確立した、大量生産の方法で今でも、多くに自動車たちが生み出されて世界中を走り回っています。

これは歴史的に見る、大成功を収めたマーケティングの例です。

他にもマーケティングが上手い人に、スティーブジョブスなどがいます。

ぜひこれを機会にマーケティングを学んでみてはいかがでしょうか?

ソフトバンクの孫正義氏は、自社を立ち上げる前に、ある会社を立ち上げています。その会社とはリサーチ専門の会社です。なぜ、孫正義氏はリサーチ会社を設立したのか?それは人々のニーズを知るためです。

マーケティングで重要なのは、人々が持っている顕在的、潜在的なニーズです。顕在的ニーズとは、今欲しいとすぐ答えられるニーズのことです。潜在ニーズとは自分が意識していないけど、ある条件などが揃えば欲しいと思うだろうなというようなニーズです。

例えば自動車が高根の花だったころ、もし自分でも買える値段だったら欲しいと思うだろうというような商品です。そうです。フォードが大量生産をする前の自動車の存在ですね。

フォードはこの人々の潜在ニーズを満たしたために、大成功を収めることができました。

マーケティングで重要なこと

マーケティングで重要なことは、この人のニーズを知ることです。そのニーズを知って、そのニーズを満たすことこそがマーケティングなのです。もしくはそれによってニーズが満たされるのでは?と思わせることです。

これができればネットワークビジネスのスポンサリングで、もう悩む必要はなくなります。

まずは見込み(プロスペクト)のニーズを聞き出すこと。つまり質問によって相手の話を聞き出すこと。これが一番重要なのですが、多くの人たちはこれをやっていません。

ただ、自分が所属しているビジネスの魅力や、報酬プランの魅力を一方的に話しているだけの人が多く、れがスポンサリングできない一番の原因です。

まず相手の話を聞くこと、これがネットワークビジネスにおいてのマーケティングでのリサーチです。そして少しずつ質問によって、相手のニーズを把握していくことです。これをやっていくと、スポンサリングに有利に動く心理作用も出てきます。

それはビジネスでは欠かせない要素のひとつ信頼感です。

質問によって、人がその質問に答えていくことによって、信頼関係が強化されていきます。リサーチすることでスポンサリング力がより強化されていくということですね。質問には強い力があるのです。

相手に質問することによって得られた情報を基に、

「私が所属しているビジネスなら、あなたのニーズを満たせるかもしれませんよ?」

聞いてみる気はありませんか?

というような質問を投げかけて、相手を聞きたいという状態に持ち込んでいきましょう。

あとはトレーニングによって得た知識を存分に発揮します。これを繰り返していくだけで、間違いなくあなたはスポンサリングのコツを手に入れて、スポンサリングが得意になっていくはずです。

スポンサリングのコツおまけ

おまけ1

最後にスポンサリングするときの心構えというか、メンタル的なお話をします。

一番は、そのビジネスをとことん楽しむ!ことそしてその楽しみを体や言葉心で伝えること。

タダ人生って楽しいね。何でこんなに幸せなんだろう?この時代に生まれてきて本当に良かった!

等の言葉を口癖にして常に人に独り言のように話しかけてみてください。何度も何度もしつこいくらいに。

いずれ人は、あなたをうらやんだり、疑問でしょうがないという状態になって、

「何でそんなにお前は楽しいの?」って言う質問とかをしてくると思います。

楽しむこと!幸福感をいつでも感じていること!そしてそれを人に常に伝えること。これだけで人はあなたに興味を持ってあなたの話を聞きたいと思うようになります。

つまり相手からスポンサリングしてくださいという、状況を作り出すことができるのです。

おまけ2

既に持っていると思うこと。これはよく聞く話だと思います。そして、多くの自己啓発本にも乗っていることですね。

すでに欲しいものを持っていると思うこと。

例えばあなたが所属しているビジネスで、たどり着きたいレベルを既に持っていると思い込むことです。そしてそのレベルに自分がいたらどんな人間かをイメージして、それが自分自身だと思い込むことそしてそれを実践することですね。難しかったら、そのレベルにいる知人や近くにいる人を観察して、その人の真似をしてみましょう。

細部まで徹底的に真似をしてみると、精神状態もその人と同じようになります。そうすることで、ある程度その人の人格を手に入れることができるようになります。まだまだうわべだけですが。

まだまだうわべだけですが、そのうわべの人格だけでも、知識と経験の乏しい時期でも効果を発揮できます。これをモデリングと言って、多くの成功者が実際に取り入れている手法なので、ぜひ自分のビジネスに取り入れてみてください。

おまけ3

スポンサリングのコツ、おまけの最後に一番重要なことをお話しします。それは優先順位です。優先順位が一番高いと人は、時間が無くてもお腹がすいていても疲れていても、その優先順位の高いことをやろうとします。というよりやらないでいることに対しての大きな不安感に襲われます。

この不安感は大きな原動力になるので、自然に人はその優先順位の一番高いことを、寝る時間や食べる時間さえも惜しんで打ち込むようになります。そうなった場合、いずれその分野で人はある程度の功績を残せるはずです。

まとめ

今回はスポンサリングのコツと、スポンサリングに最低限必要な3つのことを記事にしてみました。この記事がスポンサリングの悩みを持っている人のお役に立つことができれば幸いです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください