うまくいかない時から抜け出す唯一の方法は、うまくいかないことを継続することです!

何をやってもうまくいかない時ってありませんか?達成したい目標があるのに、それが達成できる見込みもなくいほどうまくいかなくて、どうしたらいいんだろう?なんか良い方法ないかなと思うことってありますよね。そんな時の唯一の解決方法は、うまくいかないことを継続することです。この記事では、このことについて実際の経験もご紹介しながら書いていきたいと思いますので、この記事があなたにとって少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

うまくいかない一番の原因とは?

うまくいかないという経験は誰でもすることだと思います。しかし、その中でうまくいかない現状から抜け出せる人と抜け出せない人に分かれます。

その違いは何でしょうか?私は、その違いは、うまくいかないことを信じて継続したか、うまくいかないことを失敗だと捉えて諦めたかの違いだと考えています。

そう思うようになったのは、ネットビジネスでうまくいくという経験をしたことがきっかけでした。

ネットビジネスでうまくいくという経験!

私は、このブログを立ち上げてからずっとアクセスが上がらずに悩んでいました。記事を書き続けても書き続けてもアクセスは一向に上がらず、当然ながら収益にも結びつかない時期がありました。

しかし、ある日を境に、それまでうまくいかないと思っていたネットビジネスが、うまくいったに変わったんです。

きっかけは、本当に小さいことでした。狙っていたキーワードで、私のブログが上位表示されるようになり始めました。

初めは、一つのキーワードが上位表示されるようになりました。すると、それをきっかけに、2つ3つとキーワードがどんどん上位表示されるようになっていきました。

初めはアクセス数の少ないキーワードでしたからジワジワとアクセスが増えていったという感じだったのですが、それが積み重なっていた結果、アクセス数の多いキーワードいわゆるビッグキーワードで上位表示され始めました。

そして、本当にその一日を境にブログの状況が激変したんです。

その証拠に次の画像を見てみてください。

ブログで最初の大台は、一日1000アクセスと言われていますが、その大台を超えたのが左から数えて一つ目の〇で囲った時期です。

見ていただくと分かる通り、急激にアクセスが上がっていることが分かると思います。

そして、アクセスが上がった後そのアクセスは安定せず、急激に下がったり、その後にまた急激にアクセスが上がったりを繰り返しながら、1000アクセスが安定するようになっていきました。

そして、次の大台の2000アクセスも同じように急にやってきました。それが2つ目の〇の時期です。

このときも、1000アクセスの時と同じようにその後すぐにはアクセスは安定せず、急激にアクセスが下がったり上がったりを繰り返しながら2000アクセスが安定しました。

個人的にこのグラフを見て面白なと思うのが、何度か急激なアクセス上昇を経験すると、その経験をするスパンが短くなっていくことなんです。

その証拠に2つ目の〇と3つ目の〇の感覚が狭いことが分かると思います。しかも、上昇具合は、1つ目の〇よりも2つ目3つ目の〇の時期の方が高くなっています。

うまくいかない時期を一度超えると、うまくいく経験が何度もやってくる!

うまくいかない時期は、本当に長く感じますし、実際の期間としても長い傾向にあります。

しかし、その時期を一度乗り越えると、その後うまくいくという経験を何度も繰り返し味わうことができるようになるんです。

うまくいかない時もうまくいった時も、行動は同じでした!

先ほど、私のブログのアクセス数の推移を見てもらったのですが、アクセスが上がり始めた時期もそれまでアクセスが低迷していた時期も、私の行動はまったく同じでした。

ただうまくいかないことを信じて継続していたら、そのことが結果に結びついて、うまくいくという経験をすることができたんです。

今思い返してみると、もしうまくいかないからと諦めていたり、他の方法を探していたりしたら、アクセスをここまで上げることはできなかったと思います。

うまくいかない時期は、自分のやっていることが本当に結果に結びつくのか不安に思ってしまうかもしれませんが、これまでの私の経験を通して言えることは、そのうまくいかないことを継続することが、うまくいかない時期を乗り越える唯一の方法だということです。

うまくいかないからこそ、うまくいく!

私は、うまくいかないことを失敗だと捉えてしまうことは、本当にもったいないことだと感じます。

なぜなら、うまくいかない時こそ、自分の力を最大限に発揮できる大きなチャンスを逃すことになるからです。

人は抵抗があるからこそ、力を入れることができる!

人は抵抗があるからこそ、力を入れることができるのだと思います。これを言い換えると、

人は抵抗がなければ、力を入れることはできないということです。

例えば、あなたは野球ボールと卓球のピンポン玉なら、どちらが力いっぱい投げれるでしょうか?

もちろん、野球ボールですよね。

ピンポン玉は軽すぎて力が入らず、思いっきり投げることができません。

そして、野球ボールとピンポン玉の飛距離を見ても、野球ボールの方が遠くに飛んでいきます。

野球ボールは、その重さが抵抗になって、力いっぱい投げることができる上に、その重さのおかげで風にあまり左右されることなくまっすぐ飛ばすことができますよね。

一方で、ピンポン玉は、軽く抵抗は少ないですが、力を入れて投げることができない上に、風の抵抗に負けてすぐに地面に落ちてしまいます。

うまくいかないからこそ、人は力を発揮できる!

私は、「うまくいく」ということも、野球ボールとピンポン玉を投げることと同じだと考えています。

うまくいかないからこそ、うまくいくことを強くイメージしますし、うまくいかすことがモチベーションになって行動を起こすことができます。

一方で、もし簡単に物事が進んでしまったら、あなたはほとんど行動することはなくなってしまうはずです。

しかし、簡単に手に入れた結果は、ピンポン玉が遠くに飛ばないのと同じように、長くは続きません。

私は、これまでの経験から、うまくいかない時期は自分の力を発揮する大きなチャンスだと捉えるようになりました。

うまくいかないこそ、うまくいかせたいと強く思いますし、モチベーション高く行動することができます。

これは私の悪い癖でもあるのですが、うまくいき始めると逆にモチベーションが下がって行動量が減ってしまいます。その結果、アクセスや収益が下がって、そこで焦りを感じてまた行動をし直すといったことを繰り返しています。

うまくいかない時期は必要不可欠!

うまくいかない時期って早く抜け出したいですよね。うまくいく手っ取り早い方法を知りたいと思うかもしれません。

しかし、そのうまくいかない時期の行動が、うまくいくという経験に繋がっています。

うまくいかないから抜け出す唯一の方法は、そのうまくいかないことを継続することです。

まとめ

この記事では、うまくいかないから抜け出す方法についてお伝えしました。うまくいかない時に他の方法を探したとしても決してうまくいかないと思います。逆に、そのうまくいかないことを続けることが、うまくいかない時から抜け出す唯一の方法だと思います。この記事が、あなたにとって少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください