SEOに頼らない10万PV実績の効果的なブログアクセスアップ!

この記事の内容は、以下の記事の内容をそのまま引用させていただいたものです。

【引用元記事】

 

「faceBookをブログのアクセスアップのために活用する方法!」

faceBookブログのために活用できているでしょうか?faceBook上で相互アクセスアップや、相互シェアなどのグループをよく見かけますが、ほとんどのグループに致命的な部分があって、機能していないのが現状です。今回は、faceBookをブログアクセスアップのため最大限に活用する方法を紹介していきたいと思います。

 

なぜほとんどのfaceBookのグループは機能していないのか?

今faceBook上には相互でブログのシェアやアクセスアップを目的にして、活動しているグループがいくつか存在していますが、そのほとんどのグループはその目的に対しての機能を果たしているとは言えない状況です。

このブログの記事を読んでいる読者の方たちの中にも、そんなグループに参加してこのように感じた人がいると思います。

なぜ既存のグループでは目的が果たせないままの状態にあるのか?それは、あるひとつのことが欠けているからです。それは、

faceBookグループが活用できていない理由

多くのfaceBookグループの投稿を参加したり見ていて感じたことがあります。「あーこれでは、このグーループは機能しないだろうな!」と。

そう感じた理由は、そのグループに参加している人たちのほとんどが、返報性の法則を実行していないことです。

具体的に言うと、すでにグループに投稿している人たちのシェアをしていない!ということです。自分はシェアしないけど、自分のブログはシェアしてください。

という状況の投稿があるだけで、その投稿した人のほとんどが他人がした投稿に対して、アクションを起こしていないということです。そんな状態なのに自分が投稿したからといって、誰かがその投稿にアクションをしてくれるでしょうか?してもらえるわけがありませんよね?

これは、嘘のような状況ですが、今現在ブログの相互シェアのグル―プで実際に起こっている状況なのです。

faceBookグループで相互シェアが機能しない致命的な理由

グループが機能しない致命的な原因は投稿者が、シェアしてほしいという状態だけで、自分自身が他人の投稿をシェアしないことです。相互シェアのグループで最も重要なことは、他人の投稿すでに投稿されているものに対して、自分自身が積極的にアクションを起こすことです。

これを徹底していかなければ、ブログの相互シェアの機能は果たせない状況が永遠と続いていくだけとなってしまいます。

もう一つの致命的な理由

グループが機能しないもう一つの致命的な理由それはグループの投稿自体に「いいね!」をすること。これはブログのアクセスアップを狙う意味ではあまり効果があるとは言えません。

ブログのアクセスアップを寝ある意味で相互シェアをする場合、投稿してあるリンクを踏んで実際のブログを表示しておく必要があります。

その表示されたブログに設置してある、シェアボタンを押すことによって、ブログアクセスアップの機動力になるのです。

投稿にいいね!をしているだけでは、アクセスアップのシェアにつながることはほとんどありません。重要なことは、投稿してある記事のリンクを踏んで、まずその記事を表示させること。そしてその表示された記事内に設置されているシェアボタンをクリックする。これが本来のブログのシェアです。

グループ内の投稿自体のいいね!(青い丸)を押してもあまり意味はありません。

投稿にある記事のリンクもしくはアイキャッチ画像(赤い丸)をクリックして実際のブログ記事を表示させる。

ブログ記事内のシェアボタンをクリックすることによって、記事がネット上で拡散されて、アクセスアップの原動力につながります。

このシェアボタン特に効果が高いのが、ツイートボタン はてブボタン fシェアボタンです。

 

相互シェアのグループを機能させて恩恵を受ける唯一の方法

相互シェアのグループに参加して機能を生かして恩恵を受けるためにすることは、自分自身が他人の投稿に対してアクションをし続けることです。

しかしこれを既存のグループで実行したとしてもグループ内の人たちにその意識がないと、ただ自分だけが一生懸命他人のブログのシェアをして回るだけになってしまします。

重要なことはこの、投降者自身が他人の投稿に対して、アクションをすることを参加条件として徹底的に義務付けするという姿勢を通すことです。これが参加者全員に伝わることで、フェースBookグループの機能は具体化されてその恩恵を充分受けることができるようになります。

その原因を徹底的に排除したシステムがこちらです。

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください