アムウェイってどんなビジネス!正しいアムウェイビジネスの流れとは?

アムウェイビジネスと聞くと、急に勧誘されるというイメージを抱く人も多いと思います。しかし、実際はアムウェイは勧誘するビジネスではありません。そのようなやり方を実行してしまっている人は確かにいますが、そのようなやり方はアムウェイでは禁止されています。

では、正しいアムウェイビジネスとは一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、アムウェイビジネスについてお伝えするとともに、アムウェイビジネスの正しい流れについてお伝えしたいと思います。

アムウェイビジネスに興味があるけど、怪しいというイメージがあり一歩踏み出せないという人にとってこの記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

アムウェイビジネスとは?

アムウェイビジネスは、ネットワークビジネスです。別の呼び方では、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)と言います。

MLMは、連鎖販売取引やマルチ商法などと言われたりもします。

ネットワークビジネス、連鎖販売取引、マルチ商法、MLMなどという言葉を聞くと、ねずみ講が連想され、イメージが良くないという人も多いと思いますが、MLMは特定商取引法(以下、「特商法」と記載)に記載されている列記としたマーケティング手法です。

では、MLMとはどんなビジネスなのでしょうか?ここでは、特商法に記載されている内容を参照させていただきたいと思います。

特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。

  • 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって
  • 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
  • 特定利益が得られると誘引し
  • 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

(参照元:連鎖販売取引|特定商取引ガイド

簡単にお伝えすると、製品を売った人が、製品を購入した人を特定の利益が得られるという内容を説明して販売側に誘い、特定の取引を結ぶということです。

アムウェイで例えるなら、アムウェイ製品に興味を持った人に、アムウェイ製品を販売することで利益が得られるということを伝え、相手の同意を得たうえでアムウェイのビジネス会員(「ABO(アムウェイ・ビジネス・オーナー)」と言います)への登録を薦めるということです。

アムウェイにおける「勧誘」という間違ったイメージ!

アムウェイと聞くと、「勧誘される」というイメージをされる人が少なくないと思います。実際にアムウェイを始める前、私自身もそうでした。

友人から急にアムウェイに誘われたり、ミーティングやセミナー、パーティーなどに誘われて、多くの人に囲まれて断りづらい状況にさせられて登録させられる。こんなイメージを持っていました。

しかし、アムウェイを始めて、実際にアムウェイのやり方を教えてもらうとそれとはまったく別物でした。

アムウェイ製品を求める人に対して製品を流通させること。これが、アムウェイビジネスの基本なんです。

急に友人や知人とアポを取り、遊びやご飯と見せかけてアムウェイビジネスに勧誘して登録させて、グループ人数を増やして儲ける。そんなビジネスではありませんでした。

アムウェイ製品を愛用して、その製品に興味を持った友人や知人に「これ、いいよ。」とおススメする。そして、会員登録してい買った方が通常の小売価格より安く購入できるので、希望する人には会員登録を紹介する。

ただこれだけです。

怪しい勧誘も、怪しいアポイントメントもする必要がありません。

アムウェイ製品をただ愛用すること。この行為がビジネスや収入につながるのがアムウェイビジネスの素晴らしいところだと私は実感しています。

アムウェイビジネスが広がる流れとは?

アムウェイに登録したら、「人を勧誘しなければいけない」と思っている人は多いかもしれません。しかし、実際はそんなことをする必要はありませんし、アムウェイ自体がそのやり方を禁止しています。

もしそのようなことをして、アムウェイにクレームが入れば、その会員は会員登録を取り消されてアムウェイビジネスをやることはできなくなってしまいます。

では、アムウェイビジネスはどのように広がっていくのでしょうか?

先ほどもお伝えした通り、アムウェイビジネスの基本は製品を流通させることです。そして、アムウェイは製品を愛用することで製品が流通し、それがビジネスになる。ここがアムウェイビジネスの素晴らしいところだと思います。

1.製品を愛用する

アムウェイ製品を流通させるなら、まずはその製品を自分が好きでなければいけませんよね。

アムウェイ製品のラインナップは、サプリ、日用品、化粧品、家電、飲料、食料、調味料など幅広く、まずはあなた自身が気になるアムウェイ製品を使ってみて、その良さを実感することが第一歩です

そうでなければ、説得力を持って相手に薦めることができませんし、自分で良いと思っていない製品を広めるのは、勧められる側の人に失礼ですよね。

2.ABOに登録する

ABOとは、「アムウェイ・ビジネス・オーナー」の略で、以前はディストリビューターと呼ばれていました。

ABO登録すると、アムウェイ製品を流通させることができるようになり、アムウェイビジネスを人に伝えるなど、ビジネスを始めることができるようになります。

このABO登録をしていなければ、アムウェイ製品を人へ勧めたり、アムウェイビジネスを人へ伝えたりすることはできません。

3.身近な人に製品を紹介する/ABOへの登録を薦める

身近な人に製品を紹介する!

アムウェイのサイトには次のようなことが書かれています。

おいしいレストランを見つけたり、面白い映画を観たときは、その喜びをお友達に伝えたくなります。
誰もが抱くそんな気持ちを、アムウェイは”ビジネス”として形にしました。

自分が使ってみて「ぜひ人に伝えたい!」と感じたアムウェイ製品を身近な人にお薦めしたり、ABO(アムウェイビジネスオーナー)になることのメリットを興味のある人に伝えられる。

そうした機会を性別や経歴などに関係なく誰にでも平等に用意しているのが、アムウェイ・ビジネスの大きな特長です。

(参照元:基本的なビジネス活動|日本アムウェイ

ここに書かれているように、自分が良いと思ったレストランや映画などは、人に伝えたくなりますよね。

この自分が良いと思ったものを人に伝える。これがビジネスとなるのがアムウェイの仕組みのすばらしさです。

あなたがアムウェイ製品で本当に良いと実感したものを、身近な人や大切な人に「これ、いいよ!」伝えること。

アムウェイビジネスの基本は、この活動を繰り返して、製品を流通させていくことです。

ABOへの登録を薦める!

アムウェイ製品を流通させていくことと、もう一つ、ABOへの登録を薦めることもアムウェイビジネスの活動の一つです。

これは、あなたがアムウェイ製品を愛用して、そのことに興味を持った人がいれば、アムウェイ製品の愛用者を広げていくことでビジネスにもなるというメリットを伝えて、ABO登録を薦めることです。

このように、あなたがまずは製品を愛用し、あなたから派生した製品愛用者のネットワークを広げていくことがアムウェイビジネスの基本です。

ですから、多くの人が抱いているような、アムウェイビジネスに勧誘してグループを増やすことがアムウェイビジネスではありませんし、実際にグループを増やしたところでアムウェイ製品が流通しなければ何の利益にもなりません。

ここまでお伝えした流れがアムウェイビジネスの基本的な活動内容です。

まとめ

この記事では、アムウェイビジネスって一体どんなビジネスなのか?そして、アムウェイビジネスの正しい流れについてお伝えしました。この記事が、アムウェイビジネスに興味があるけど怪しいイメージがあって一歩踏み出せないという人にとって少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。ZO&SITE運営者の善川です。私はメンターとの出会いによって、お金と時間の自由を手に入れることができました。そして、その自由は誰にでも手に入れることができるのだということを知りました。このブログでは、私がお金と時間の自由を手に入れるために学んできたこと包み隠さずお伝えしていきます。