このままでいいんか、オレは?と本気で思っている人だけ読んでください!

世界最大の求人サイトIndeed社による調査では、今日本人の仕事の満足度は、世界35か国中最下位となっているそうです。さらに、報酬に対する満足度は、日本人全体で26.1%とかなり低い数値になっています。あなたは、今の人生に満足しているでしょうか?

スポンサーリンク

会社に勤めれば生活が安泰は、もう幻想?

私の大学時代の後輩がポロっと愚痴を漏らしていました。その後輩は、社会人7年目です。7年も会社に勤めていれば給料もそれなりに上がって、ある程度良い生活ができるようになっているのかと思いきや、生活が苦しいと愚痴をこぼしていました。

給料が安すぎて、一人暮らしする余裕さえなく、実家暮らしをしているそうです。そして、自宅から1時間半もかけて勤務先に電車通勤をしているそうです。

そのお金がない一番の原因は、残業がほとんどないことだそうです。後輩の話を聞いてビックリしたのですが、残業代がないと生活がかなりギリギリになってしまうそうです。

友達と遊ぶときのご飯代を節約したり、車が欲しいけど維持費やガソリン代などを考えると手が出なかったり、旅行は出来る限り安く済ませたり、と普段からあまりお金を使わないようにしているそうです。それでも、なかなか貯金がたまっていかないと悩んでいました。

この後輩の話を聞いた時、会社という制度はもう崩壊しつつあるのではないかと感じました。定時までの給料だけでは一人暮らしさえ厳しいという人がいることが何よりの証拠だと思います。

その上、現在では税金が引き上げられたり、物価が上がったりするなど、生活が厳しくなっている人がどんどん増えてきているようですから、今後、会社に勤めていれば安泰という概念は無くなっていくように感じます。

このような現実を知らされると、会社に勤めるメリットは一体どこにあるのだろうかと思えてしまいますね。

 

30年後どうなるのか?給料は?生活は?

30年後、例えば、現在30歳の人の場合、30年後は還暦を迎えているころですね。では、60歳の方たちはどのくらいの収入を手に入れているのでしょうか?ネットで調べてみたところ、とても衝撃だったのですが、60歳前半の平均年収は、なんと395万8000円だそうです。

さらに、PGF生命という会社の調査によると、還暦を迎える人の内4人に1人が貯蓄額が100万円以下だと答えたそうです。(以下のグラフ参照)

(画像参照元:ITmediaビジネス

最近では、老後に夫婦で年金以外に2000万円の貯蓄が必要だという報告書が話題になりましたが、60歳前半の人たちの内4人に1人の割合で60歳で貯金が100万円未満という現状だということを踏まえると、ほとんどの人たちが老後をまともに生活することができない恐れがあるということになります。

今では会社に勤めれば将来安泰という意識はかなり薄れてきていると感じますが、会社に勤めれば安泰は本当に幻想と言えるレベルになってしまっていると感じます。

 

会社員よりアルバイトの方がメリットがある?!

現在では、時代の変化をとても感じます。

その一つが、ネットやSNSの普及です。このおかげで、インターネットやSNSを利用して個人が自由に情報を発信したり、商品の売買を行ったりすることが当たり前の時代になってきました。中には、これらを利用してビジネスを起こす人たち(特に、若い人たち)もたくさん出てくるようになりました。

さらには、小学生がこのようなビジネスにあこがれを持つようにもなり、2018年に学研ホールディングスが全国の小学生1200人に対して実施したアンケートでは、小学生のなりたい職業ランキングでユーチューバーが3位にランクインしています。

一方で、会社員という制度は、どんどん成り立たなくなってきているように感じます、最近ではあの世界No.1のトヨタ自動車が終身雇用は難しいと公に発表しましたし、さらには、メガバンクの一つであるみずほ銀行が副業を容認するなど多くの企業で副業が認められるようになってきました。

これは、今後一つの会社で一人の一生を保証することが難しくなってきたという表れではないでしょうか。

では、現在では、どんな働き方がよりメリットが大きいのでしょうか。このことについて、お金と時間の観点から3つの働き方を比べてみたいと思います。

今回比べる3つの働き方は、以下の3種類です。

ひとつ目は、会長、投資家、ユーチューバーやブロガー、ネットワーカーなどのビジネスオーナー。(ビジネスオーナーと表記)

ふたつ目は、社長、会社員など、会社に勤めている人たち。(会社員として表記)

みっつ目は、派遣やアルバイトをしている人たち。(派遣・アルバイトと表記)

この3種類の働き方について、お金と時間を基準に表にしてみると次のようになりました。

ちなみに、上の表では、〇の数が多い働き方がメリットが高く、×が多い働き方がメリットが低いと判断することとさせていただきます。

この基準で上記の表を見ていただくと、ビジネスオーナーが一番メリットが高いということが分かると思います。そして次は、派遣・アルバイト。そして、最後が会社員ということになります。

このように観ていくと、お金も時間も手に入れられない会社員よりかは、お金はないけど時間はある派遣・アルバイトの方がメリットがあると言えると思います。

実際に、正社員より派遣の仕事の方が、ある程度収入が確保できるうえに、時間の融通が利きやすいということで、会社を辞めて派遣の仕事に就く人たちもたくさんいます。

 

銀行員「3~4年後にはリストラされているかも」

これまでは、会社に勤めることが当たり前で、会社に勤めれば安泰だと信じられてきた部分が大きいと思いますが、働き方についてお金と時間の観点から比べた表を作ってみると、必ずしもそうとは言えないなと思いました。

そして、これから先、AIやロボットの登場によって、現在の会社員が行っている仕事や業務の多くが代替されていくと言われています。

これはマツコ・デラックスさんが、あるテレビ番組で話していたエピソードなのですが、マツコさんの知人の若い銀行員の人たちが、こんなことを言っていたそうです。

せっかく良い大学を出て、頑張って銀行に就職したのに、3~4年先はリストラされているかもしれない。

私にとって、これはかなり衝撃的な内容でした。

これまでエリートのイメージが強かった銀行員からこのような言葉が出てくるようになるなんて、正直信じられませんよね。しかし、実際に調べてみると、将来的に銀行員の窓口業務や事務的な業務はAIに代替されると予想されているそうです。

このように、お金と時間のメリット・デメリットを比べてみてもそうですし、AIやロボットの登場による影響を考えてもそうですが、現在では会社員であるメリットはどんどん薄くなってきていると言えるのではないでしょうか。

 

このままでいいんか、オレは?

この記事では、ここまで会社員であることのメリットが感じられなくなってきているということをお伝えしてきましたが、この記事を読まれているということは、もうすでにそのことに気づかれて会社員以外の道を探されているのではないかと思います。

朝早くから夜遅くまで仕事。休日もまともに取れず自由な時間はほとんどない。その結果、老後の生活もまともに送れるかどうか分からない。

このような状態では、本当に会社に勤めるメリットは一体どこにあるのだろうと思えてしまいますし、本当にこのまま会社員を続けていて良いのだろうか?という思いがこみ上げてくるのではないでしょうか。

しかし、世の中には、会社員の人たちが仕事をしている間に、セーリングに出かけたり、サーキットを走ったり、平日休日関係なく旅行に出かけたり、趣味に没頭したり、好きなことを仕事にしたりして、自由に生活している人は本当にたくさんいます。

私は、ネットビジネスを始めてから、ヨットオーナーの方と知り合ったり、サーキットを走っている人たちと知り合ったりする中で、この事実を知りました。

そして、自由なライフスタイルは、特別なことではなく、本当に誰でも送ることができるようになるのだということも知ることができました

もしこの記事を読まれていて、「このままでいいんか、オレは?」と思われているなら、選択と行動を変えていくことで今からでも自由なライフスタイルを目指すことができるようになります。もし、どうしたらいいのか分からなければ、この先を読んでみてください。

 

どうすればいいのでしょうか?

ここまでお伝えしてきたように、現在では、会社に勤めれば安泰ということもなくなってきていますし、必ずしも会社員であることがメリットではなくなってきていると言えると思います。

さらには、AIやロボットによって、将来的な仕事環境は現在と比べても大きく変わっていくと思います。

では、どうしていくのがいいのでしょうか?

私がおススメするのは、ネットワークビジネスを始めることです。ネットワークビジネスと聞くと、良いイメージがないと思いますし、そこまでリスクを負ってやりたくもないと感じるかもしれません。

なぜ私がネットワークビジネスをおススメしているのかというと、その理由は二つあります。

ひとつ目は、お金と時間の両方が手に入ることです。そして、ふたつ目は、今後残っていく可能性が高い仕事だからです。

 

【理由①】お金と時間が手に入る

私がネットワークビジネスをおススメする一つ目の理由は、お金と時間の両方が手に入ることです。先ほどのグラフに当てはめると、「ビジネスオーナー」に当てはまる仕事です。

個人がビジネスオーナーとして、数万円程度の副業収入から年収数千万円、数億円と幅広い収入の取り方を実現できているビジネスで、そのビジネス形態が50年以上も続いているものは、ネットワークビジネスしかないと思います。

そして、普通の仕事であれば、収入が高くなれば高くなるほど自由な時間がなくなっていきます。

例えば、会社員でしたら、年齢が上がっていくほど与えられる仕事や責任が多くなっていきますね。以前私が勤めていた会社では、役職の高い人ほど遅くまで会社で仕事をしていました。

それ以外にも、飲食店を経営しているビジネスオーナーでも、収益を上げようと店舗数を増やしたりすれば、その分収益は伸びるかもしれませんが、自由に使える時間は減ってしまいます。

しかし、ネットワークビジネスでは、ネットワークを大きくして収益が高くなればなるほど、権利収入が手に入るようになり、自由な時間を確保できるようになります。この収入の上昇に比例して自由な時間も上昇していく仕組みがネットワークビジネスのすごい部分だと思います。

お金と時間の両方を手に入れたいと思うのであれば、私は、ネットワークビジネスを始めることをおススメします。

 

【理由②】今後残っていく可能性が高い仕事

そして、二つ目の理由は、今後残っていく可能性が高い仕事だということです。

現在ではすでに、事務的な業務や簡単な作業は、どんどんAIやロボットに取って代わられてきています。そして、これからもその範囲は拡大していって、人間のできる仕事はかなり限られていきます。

しかし、ある一つの能力だけは、AIやロボットではなく人間の方が優れているとされているものがあります。それは、コミュニケーション能力です。これだけは、AIやロボットが人間に取って代わることが難しいと言われています。

ネットワークビジネスは、まさに、コミュニケーションのビジネスです。ネットワークビジネスは、人と人との繋がりを構築することによって商品を流通させていき、そのネットワークが大きければ大きいほど収入が増えていくビジネスです。

そのネットワークを構築するためには、必ずコミュニケーション能力が必要になります。

AIに取って代わられない仕事には、営業マンもあります。営業マンもネットワークビジネスと同じようにコミュニケーション能力が必要ですから、AIに取って代わられる可能性は低いと言われています。

しかし、営業マンは、ネットワーカーに比べて手に入るお金と時間が少ないですし、会社員である以上限界があります。ですから、人生を変えるために今一番おススメなのは、ネットワークビジネスを始めることです。

もし、ネットワークビジネスは、口コミをしないといけないし、人に伝えるなんて自分には無理だと思う人は、一度こちらの記事を読んでみてください。ネットワークビジネスは、人に伝えることは実はそれほど難しくないということを理解していただけるのではないかと思います。

ネットを利用して相手からやらせてくださいと言わせる方法

 

まとめ

この記事では、現状に不安や不満を抱いていて「このままでいいんか、オレは?」と思っている人に向けて、どうしたらいいのかという部分についてお伝えしました。人生を変えたいと思っている人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください